急性腸炎の症状とは?【潜伏期間、治し方】

Sponsored by Google

下痢

寒さが厳しくなってくると、
毎年流行するのがインフルエンザ。

高熱が出るし節々が痛くて
本当にかかると大変ですよね。

でも、それに並んで
筆者がかかりたくないのが急性腸炎です。

たかが急性腸炎と思うかもしれませんが、
とにかく体内に摂取したらすぐ排出してしまうし、
それが大人でもガマンできないのだから本当に大変で、
一晩トイレから離れられませんでした。

それに家族全員かかった時は、
本当に大変でした。

インフルエンザは
最近予防接種をすることができますが、
急性腸炎の場合はそういったものがないので、
どんな病気かを知ることで
適切に対処していくしかありません。

二度とあんな思いはしたくない!
未然に防ぐ方法はないものか?
もしかかったら早く治すには?

この機会に急性腸炎について
詳しく調べてみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■急性腸炎の症状とは?
■急性腸炎の潜伏期間
■急性腸炎の治し方

 

 急性腸炎の症状とは?

急性腸炎は突然の下痢や嘔吐を伴う病気で、
冬場は、ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどの
ウィルス性の急性腸炎が流行りやすく、
夏場は、サルモネラ、腸炎ビブリオ、O-157など
細菌性の急性腸炎が流行しやすいと言われています。

最初は咳や鼻水といった
普通の風邪のような症状が出ます。

そのほかに胸やけやむかつき、嘔吐などのほか、
腹痛、発熱といった症状があります。
便は水様便などで血便が出ることもあります。

 

筆者の体験も交えてお話すると、
とにかく一度下痢や嘔吐が始まると、
ひどい場合はトイレに行って部屋に戻るとまたトイレに戻る。
それぐらい頻繁に吐き気や腹痛が襲ってきます。

そうなると、腸内を刺激すると腹痛や嘔吐に繋がるので、
何も食べたり飲んだりする気がなくなってしまうんですよね。

そうすると水分摂取ができなくなってしまい、
脱水症状を起こすことも・・・。
そうなると、病院で点滴を受けることになってしまうので、
そうなる前に早めに受診することが大切です。

 

 急性腸炎の潜伏期間

急性腸炎は、発症するまでの潜伏期間がありますが、
原因の病原体のウイルスや細菌によって
潜伏期間も異なります。

 ウィルス性…冬場に多い

 ノロウイルス…潜伏期間は一般的に約1~2日程度。感染後の潜伏期間は約18~48時間。
 ロタウイルス…潜伏期間約1~3日程度。長くても72時間以内。
 アデノウイルス…潜伏期間は約7~8日程度。

 

 細菌性…夏場に多い

 サルモネラ…潜伏期間は通常6~72時間(平均12~24時間)
 腸炎ビブリオ…潜伏期間は7~20時間(平均12時間)
 O-157…潜伏期間は3~9日と長いのが特徴

 

 急性腸炎の治し方

どんな病気もそうですが、未然に予防して防げるものなら、
それが一番ですよね。

急性腸炎を予防するには、
冬場のウィルス性急性腸炎の場合、
手洗いをきちんとすることはもちろん、
感染者のウィルスに触れないことが大切
です。

便や吐物には触れないようにし、拭き取り等に使用した物は、
十分に消毒しなければなりません。

ウイルスはとても小さく目には見えないので、
ウイルス汚染された物や場所に触れている事を意識し、
感染防止に努めましょう。

また、夏場の細菌性急性腸炎の予防としては、
食材や調理品に菌をつけない、
増やさないことが重要
なので、
菌は低温で増殖しにくい事をふまえ、
食品は冷蔵庫で保存するようにし、
調理前によく手を洗うなど十分に気をつける事が必要です。

 

予防していてもかかってしまった場合、
少しでも症状を軽くし、早く治るようにしたいものです。

どちらの急性腸炎でもそのポイントは同じで、

・十分な水分補給
・症状改善まで食事は控える、
・下痢止めや吐き気止めの薬は飲まず、整腸剤にする
 (自分で判断せず医師に従いましょう)
・胃腸炎治療に適している低張性経口補水液(OS-1、アクアライト等)を飲ませる。
 (経口補液療法(ORT)は点滴(IVT)と同等の治療効果があると証明されているそうです)

これで早く治すことができるそうです。

この病気は腸の運動が活発化して
下痢や腹痛を引きおこすので、
腸を安静にすることが必要です

症状がひどい場合は絶食し、
症状が改善したら消化が良く低刺激の食事を摂る。

絶食時にも脱水症状防止に
十分水分補給を行う事も忘れてはいけません。

結局はその病気を理解してきちんとした対策をとることが、
早く治る一番の近道だと言えそうです。

 

 【まとめ】

・急性腸炎の症状は風邪と似ている
・原因の病原体のウイルスや細菌によって潜伏期間も異なる
・早く治すには腸を安静にすることが必要

 

Sponsored by Google

コメントを残す