扁桃腺炎の治療法は?【症状は?何科受診?】

Sponsored by Google

よく高熱を出す人って、
必ず友人に1人はいませんか?

高熱

筆者の周りには多いようで、
大人数で遊ぶ時など必ず欠席者が出てしまいます(泣)

学生時代はその体質が原因で、
落第しかけていた子もいました。

頻繁に高熱が出てしまう人に共通するのは
「扁桃腺」が腫れやすいということで、
ちょっとした風邪でも40度近い熱が出たり、
喉の辺りが腫れて大変そうです。

扁桃腺が腫れやすくない人でも、
一度はこの症状を経験した人も多いはず。

これってどうしたら治るのでしょうか?
ちょっと疑問に思ったので、
今回は扁桃腺炎について調べてみることにしましたよ。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■扁桃腺炎の原因と症状は?
■扁桃腺炎は何科受診?治療法は?

 

扁桃腺炎の原因と症状は?

扁桃腺とは口を開けた時に見える
(見えずらい方もいます)、
舌の付け根あたりにあるコブのような部分です。

 

扁桃腺
*takeharu.ti-da.netより引用

扁桃は免疫をあまりもっていない幼少期に
ウィルスや細菌が侵入するのを防いでくれます。

大人になると全く機能しない訳ではありませんが、
子供の頃ほど重要な部分ではなくなります。

 

扁桃腺炎の原因はウィルスや細菌です。

引き金としてホコリや喫煙・飲酒、
ストレスなどが考えられます。

扁桃腺炎には急性と慢性がありますが、
原因としては同じです。

慢性扁桃腺炎は子供に多い習慣性扁桃腺炎や、
大人に多いとされる慢性単純性扁桃腺炎があります。

体質的に扁桃腺が腫れやすい方は
慢性扁桃腺炎だといえます。

症状はどの場合も高熱、喉の痛み、
喉の異物感、倦怠感などがあげられます。

ひどい場合は40度近い熱が出たり、
腫れた扁桃腺が喉を塞いで呼吸困難を起こすこともあります。

 

扁桃腺炎は何科受診?治療法は?

扁桃腺炎の治療は主に
ペニシリン系の抗生物質の内服、
喉の消毒、解熱鎮痛剤
などを用います。

治療を行い安静にしていれば
2~3日で回復します。

明らかに扁桃腺が腫れていると感じた場合は
耳鼻咽喉科が専門となっていますので、
そちらの専門医に診てもらうのが良いでしょう。

しかし近くに耳鼻咽喉科が無い場合は
内科でもきちんと治療を受けることができます。

また咳などの症状がひどい場合は、
呼吸器内科での受診も可能です。

何度も扁桃腺炎を繰り返してしまう人は
手術で扁桃を摘出すると発症率が低くなります。

1年に何度も煩わされている場合は耳鼻咽喉科へ行って、
専門医の元で手術を検討した方が良いかも知れません。

 

 【まとめ】

・扁桃腺炎は細菌やウィルスなどが原因で起こる。
喫煙・飲酒、ストレスが引き金になることも
・治療は主に抗生物質と喉の消毒、解熱鎮痛剤を用いて行う。
・受診科は内科で診てもらえるが、手術などを検討する場合は
耳鼻咽喉科を受診しよう。

 

Sponsored by Google

コメントを残す