夏風邪の症状とは?【治し方は?】

Sponsored by Google

本格的な夏が到来しましたが、
たまに肌寒くなってみたり
急に暑くなったりと、
その気温差に体調を崩すことってありませんか?

風邪

筆者は毎年夏になると
必ず夏風邪を引くのですが、
これが長引いて結構つらい思いをするんですよね(涙)

そこで今回は夏風邪について
調べてみることにしました。

長引くと評判(?)の夏風邪ですが、
その治し方も一緒に見ていきましょう。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■夏風邪の症状とその原因とは?
■夏風邪の治し方は?

 

夏風邪の症状とその原因とは?

夏風邪の主な症状は
熱、咳、喉の痛みなどの
通常の風邪の症状の他に、
下痢や腹痛などがあります。

原因として夏場は
良く汗をかきますよね。

それが布団などに吸収され
ウィルスが繁殖しやすい環境になる為です。

また夏場は湿気も多いですから、
ウィルスが好む状態になりやすいのです。

そして夏風邪が長引くと言われているのは、
下痢や腹痛を伴うからでしょう。

煩わしい下痢が起こると、
ついつい下痢止めなどを服用しがちです。

しかし下痢はウィルスを排出する為に起こる症状なので、
下痢止めを服用すると
ウィルスが体に留まる期間が長くなるのです。

 

夏風邪の治し方は?

夏風邪の一番良い治し方は、
ズバリ自然治癒です。

もちろん高熱が出たり、
辛い場合は病院で治療を受けることも必要です。

しかし自己免疫力を回復させる自然治癒が
夏風邪を撃退する一番の近道です。

きちんと体を休め、高熱が出ていなければ
お風呂に浸かるようにしましょう。

 

風呂

お風呂に入ると新陳代謝が高まるので、
免疫力を回復させてくれます。

そして十分な睡眠をとり、
栄養バランスの良い食事を心がけてください。

ただし夏場のお風呂は汗をかきやすいので、
しっかりと水分補給することもお忘れなく。

 

 【まとめ】

・夏風邪は通常の風邪の症状+腹痛や下痢などが起こる。
・夏風邪が長引く原因は下痢止めの服用などによって
ウィルスが長く体内に留まるため。
・夏風邪を治すには自然治癒が一番良い。

 

Sponsored by Google

コメントを残す