足の痺れの原因とは?【何科を受診?】

Sponsored by Google

正座をしていたわけでもないのに足が痺れる…
なんてことはありませんか?

しびれ

筆者は生まれつき股関節に持病を持っており、
日常生活に支障はないのですが
骨が少し変形しているようで、
それが神経を圧迫し太ももの感触が無かったりします。

成人して運動する機会も少なくなった今、
わざわざ手術するのもなぁ…と放置しています(笑)

筆者にとっては日常茶飯事のことですが、
健康な方が突然足の痺れを感じたら不安になると思います。

そこで今回は足の痺れの原因と
何科を受診すれば良いのか
を調べてみました。

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、
是非とも参考にしてみてください。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■足の痺れの原因とは?
■足の痺れ、何科を受診すれば良い?

 

足の痺れの原因とは?

足が痺れると言っても、
どんな時にそれを感じるかや場所によって原因は異なります。

それぞれ症状別に考えられる原因を
見ていきましょう。

 

 歩行時に痺れを感じる

腰部脊椎間狭窄症や変形性脊椎症、バージャー病、うつ病など

 

 つま先や足の裏に痺れを感じる

足根管症候群、甲状腺機能低下症、
パニック障害、脳梗塞、うつ病など

 

 お尻から指先全体の痺れ

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脳梗塞、
バージャー病、腰痛すべり症、うつ病など

 

 かかとの痺れ

バージャー病、足根管症候群、
足底腱膜症、うつ病など

 

こうして見てみると
足の痺れとなる原因の病気は様々です。

骨や脊椎が原因のものは分かる気がしますが、
バージャー病は心臓病ですし、うつ病は精神の病です。

では一体何科を受診すれば良いのでしょうか。
次はそれを見ていきましょう。

 

足の痺れ、何科を受診すれば良い?

足の痺れの他にはっきりと別な症状を感じているのなら、
思い当たる科を受診すれば良いと思います。

しかし全く原因が思い当たらない場合は、
神経内科を受診すれば良いでしょう。

 

足の痺れというのは神経症状の一つです。

この時大切なのはいつ頃発症し、
どの部分から痺れを感じたのか、
どんな時に痺れを感じるのかを
しっかりと医師に伝えることです。

その上で適切な検査を受けると良いでしょう。

また片側だけに痺れを感じた場合は、
脳梗塞などの前兆かも知れません。

他の検査を受けて何も異常がなくとも、
心配であれば脳外科を受診するようにしましょう。

 

 【まとめ】

・足の痺れを伴う病気は様々なものがある。
・原因が分からない場合は神経内科を受診し、自分の症状を明確に伝えよう。
・片側だけの痺れは脳が原因かも、脳外科を受診するようにしよう。

 

Sponsored by Google

コメントを残す