首痛と頭痛で吐き気がする場合の対処法は?【何科?】

Sponsored by Google

先日起きたら酷い頭痛がして、
それはそれは吐き気を催すほどでした。

頭痛

仕事柄肩凝りが酷いのですが、
この時は首も同時に痛くて思わず仕事を休むか考えました。

結局頭痛薬を飲んで仕事へ向かいましたが、
その日は一日中ミスばかりしていましたね…

次の日には治まっていたので
結局病院へ行かず仕舞いでしたが、
次また同じ症状が現れたらどうしよう…
とちょっと怯えていたりします(泣)

肩凝りから来るものなのか、
はたまた違う病気なのか…

それにこの場合は首の痛みを先に見てもらうべきか、
頭痛の方が先なのかちょっと迷いますよね。

そこで今回は首の傷みと頭痛について
調べてみることにしました。

もし同じ症状を経験した方がいらっしゃいましたら、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■首痛と頭痛で吐き気がする場合の対処法は?
■首痛と頭痛 何科を受診?

 

首痛と頭痛で吐き気がする場合の対処法は?

首の痛みから来る頭痛は主に偏頭痛で、
まれに吐き気を伴うことがあります。

偏頭痛が起きて吐き気を感じた場合は
暗く静かな場所で横になり、
コーヒーなどのカフェインを摂ると良いとされています。

ですが慢性的な首の傷みと頭痛に悩まされているのなら、
まずは首の痛みをとることが先決でしょう。

 

頭痛を伴う首の痛みは
ほとんどがコリからきています。

コリをほぐすためにゆっくりと首を回し、
コリに効くツボを刺激しましょう。

首の後ろにある髪の生え際辺りに
天柱というツボがあります。

親指の先をこのツボに当て、残りの指で頭を包むようにして
頭部を親指で支えるような体勢で強めに刺激すると良いです。

また痛みがひどい場合は我慢せずに
頭痛薬を飲んでも良いでしょう。

 

首痛と頭痛 何科を受診?

首の痛みと頭痛が併発すると、
何科を受診すれば良いか分からなくなると思います。

単に頭痛だけならば内科や頭痛を専門に扱う
医院を訪ねれば良いでしょう。

しかしそこに首の痛みが加わるとなると、
原因は恐らく首にあります。

ただ単に凝っているだけの場合や、
頚椎症・頸椎椎間板ヘルニアなどの
病気である可能性もあるのです。

またストレートネックなどの状態も
頭痛を併発する原因となります。

ですから首の傷みと頭痛を感じた場合は、
まず整形外科を受診しましょう。

凝りなどが原因であれば
それに合った治療をしてくれますし、
筋肉や骨に異常がなければ
きちんとした内科を紹介してくれます。

 

 【まとめ】

・首痛と頭痛で吐き気を感じたら静かな場所で横になり、
首を回したりツボを刺激したりすること。
・首痛から来る頭痛の原因は主にコリ、
または頸椎椎間板ヘルニアなどの病気が多い。
・まずは整形外科を受診し首の痛みを治療し、
首に問題が無ければ内科を受診すること。

 

Sponsored by Google

コメントを残す