朝蜘蛛と夜蜘蛛 縁起との関係は?

Sponsored by Google

皆さんは「朝蜘蛛は親の仇でも殺すな」
という言葉をご存知ですか?

蜘蛛

幼い頃祖母から教わり、
意味を良く知らないままその記憶だけが残っていました。

筆者の自宅は古い作りなのですが、
先日朝起きると小さな蜘蛛が
巣を作ろうとしているのを発見しました。

恐らくどこかの隙間かベランダから入り込んだと思うのですが、
寝起きに悲鳴をあげつつ退治しようとして
冒頭の言葉を思い出したのです。

恐らく縁起にまつわる話だと思ったので、
怯えながらも割り箸でつまんで外に逃がしてやりました。

そしてふと疑問に思ったわけです。
どうして朝蜘蛛は親の仇でも殺してはならないのか…?と。

皆さんも気になりませんか?

そこで今回は朝蜘蛛と夜蜘蛛の違いや縁起について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■朝蜘蛛はなぜ親の仇でも殺してはいけないのか?
■朝蜘蛛と夜蜘蛛 縁起との関係は?

 

朝蜘蛛はなぜ親の仇でも殺してはいけないのか?

朝蜘蛛を殺してはいけないと言われているのは、
蜘蛛の糸を出す習性から来ている言葉のようです。

どうも糸を紡いで生地を編む機織から来ているらしく
朝の蜘蛛は「お客さんを連れてくる」「お金が入る」
「働き者だ」などという迷信が広がり、
朝蜘蛛は殺してはいけないとなったのだとか。

機織りから来ていると言われれば、
ちょっと納得してしまう迷信ですよね。

逆に夜蜘蛛は「泥棒を連れてくる」などと言われ、
縁起が悪いとされています。

 

朝蜘蛛と夜蜘蛛 縁起との関係は?

朝蜘蛛は縁起が良く、
夜蜘蛛は縁起が悪いと言われていることが分かりましたが、
実は地域によってこの迷信にはバラつきがあるようです。

九州の一部の地域では蜘蛛を「コブ」と呼ぶそうで、
夜コブ→よろこぶとされ
夜蜘蛛の方が縁起が良いとされています。

 

また朝夜問わず蜘蛛自体が
縁起の良い物としている地域もあります。

蜘蛛が縁起にまつわる生き物になった理由は
機織以外にも諸説ありますが、
蜘蛛という感じは知・朱という字が含まれています。

朱というのは硫化水銀を表すそうで、
その昔日本では水銀は貴重で高価なものとして扱われていました。

その為、そのありかを「知る虫」とされる蜘蛛
富の象徴であり、縁起にまつわる言葉に使われるようになった…
というのが筆者が個人的に一番納得できたものです。

 

風習や迷信などは数あれど、
こうして理由を知ってみると重んじたくなってしまうのが和の心。

毒を持っている蜘蛛は別にして、
小さなものなどはなるべく殺さず
逃がしてやると良いかも知れませんね。

 

 【まとめ】

・朝蜘蛛は縁起が良く、夜蜘蛛は縁起が悪いとされていることが多いが
地域によって違いがある。
・理由は諸説あり、機織から連想されたものや
漢字の意味から来たものがある。
・蜘蛛自体縁起が良いとされている地域もあるので、
むやみな殺生は控えた方が良いかも…(?)

 

Sponsored by Google

コメントを残す