派遣のお仕事、上手な断り方とは?

Sponsored by Google

現代の雇用形態は様々で、
派遣社員として働いている人も多いのではないでしょうか?

OL

色々な職種を経験できる利点がある一方で、
やりたくない仕事に回されることもありますよね。

筆者の友人にも派遣社員として
働いている子がいるのですが、
仕事をうまく断れずに
苦手な職場へ回されることも多々あるそうです。

やりたくないけれど仕事を断って角が立つのは嫌だし…
なんてお悩みの皆さん。
上手な仕事の断り方をマスターして、
気持ちよく働いてみませんか?

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■断ってばかりだと仕事が来なくなる?
■派遣のお仕事、上手な断り方とは?

 

断ってばかりだと仕事が来なくなる?

どうしてもこの仕事だけはやりたくない!
という理由の他に、
派遣で働く方の中には複数の派遣会社に
登録している人もいらっしゃるでしょう。

そんな時仕事が重なっても、
体は一つしかありません。

どうしても断らなければならないことがあっても、
断ってばかりだと仕事を紹介されなくなってしまいます。

なぜなら派遣会社のコーディネーターからしてみれば、
「この人は働く気がないのでは?」と思われてしまうから。

きちんとした信頼関係を築けば
良い仕事を紹介してもらえるでしょうし、
逆に信頼を失ってしまえば
仕事を紹介してもらえることも少なくなるでしょう。

またコーディネーターは「この人になら…」と思い、
職場を紹介してくれていることもあります。

下手な断り方
その気持ちを無下にしないようにすることが大切です。

 

派遣のお仕事、上手な断り方とは?

派遣会社に仕事を断る時に大切なのは、
曖昧な返答をしないことです。

断る時はつい濁してしまいがちですが、
その断り方だと相手は
あなたの真意をつかむことができません。

その為「働く気がないのでは?」
との誤解を生みやすくなるのです。

仕事を断る際はどのような理由で断りたいのか、
どのような部分が自分に合っていないと思ったのか、
ということをきちんとコーディネーターに伝えましょう。

もちろんこの時「面倒くさいから」や
「つまらなそうだから」などの自分勝手な理由はNGです。

 

また複数の派遣会社に登録していて、
仕事がバッティングしている時は素直にそれを話しましょう。

仕事の内容を最後まで聞いてから断るのは良くありません。
「最初から働く気がないのに…」と悪い印象を与えてしまいます。

この時「また機会があれば是非ご紹介頂きたいので」等の
言葉を添えると更に良いでしょう。

 

派遣会社としては登録してもらっても
100%仕事を紹介できる訳ではないですし、
かと言って派遣先に社員を配置できないのも困りもの。

つまりは常に「お互い様」ということなのです。
ですから無理に仕事をバッティングさせたり、
辛い思いばかりをする必要はありません。

きちんとした理由があるなら、
仕事を断っても大丈夫だと思います。

 

 【まとめ】

・仕事を断ってばかりいると派遣会社に不信感を持たれ、
仕事を紹介されなくなる。
・誤解を防ぐ為には、きちんと理由を話すことが大切。
・仕事を断るのは悪いことではない、
きちんとした理由があるなら断っても大丈夫。

 

Sponsored by Google

コメントを残す