健康に良い水の飲み方とは?

Sponsored by Google

夏場になると熱中症対策など
で水分補給が注目されますが、
それ以外でも私たちの生活に水分は欠かせません。

水

筆者はコーヒーやジュースなどから水分をとってばかりいますが、
水を飲んだ方が良いというのは周知の事実…

ですが日常生活で意識して水を飲むことって
あまりないような気がします。

健康に良い水の飲み方やタイミングなどがあるのでしょうか?
今回は健康に良い水の飲み方について調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■水と健康の関係とは?
■健康に良い水の飲み方とは?

 

水と健康の関係とは?

成人の身体は体重の約60~65パーセントが
水分で構成されています。

この体内の水分が栄養素や代謝物の運搬、
体温の調節などが行なってくれています。

ですから健康を維持する為には
毎日水分補給をする必要があるのです。

そして私たちが1日に排出する水分の量は
合計で約2.3リットルにもなると言われており、
健康な人は1日の排出量とほぼ同じ約2.3リットルの水分を
飲食物から補給する必要があります。

平均的な食事から約0.8リットル程摂取できるとされており、
約 1.5リットルを飲料水から摂取することになります。

この摂取量と排出量のバランスがくずれると、
脱水症や熱中症の原因になってしまいしまいます。

 

しかし一度に過剰に摂取しすぎると
体内のナトリウム濃度が低下する為
水中毒という症状が引き起こされ、
内臓に負担がかかり体がだるくなったり
消化不良を起こしたりすることがあります。

また生の水を飲む習慣のある子供は野菜の甘みを感じやすく、
好き嫌いがなくなるとも言われています。

甘い飲み物に慣れてしまうと甘さを感じる部分が
鈍感になりやすいそうです。

 

健康に良い水の飲み方とは?

健康的に水を飲むためには一気にたくさん飲むのではなく、
コップ1杯程度の量を1日に6~8回飲みむと良いとされています。

ではどんなタイミングで水を飲めば良いのか
詳しく見ていきましょう。

 

 まずは朝起きたときに一杯

寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分を失い、
朝起きた時は水分不足の状態になっています。
ですから朝一番の水分補給は重要です。

 

 スポーツをするとき

運動中には大量の汗をかく為、
水分はもちろんナトリウムなどのミネラルも
体から出て行ってしまいます。

適切に水分補給をしないと、
熱中症や熱けいれんを引き起こす可能性があります。

激しい運動をする場合は水ではなく
スポーツドリンクを飲んで構いません。

 

 入浴後に一杯

入浴すると発汗するため、体は水分を失います。
入浴後に飲むビールは最高ですが、
まずはコップ一杯の水を飲むようにしましょう。

 

 就寝前に一杯

朝起きたときと同じで、就寝前の水分補給も大切です。
睡眠中の水分不足による
血液中のミネラル濃度の上昇を防いでくれます。

 

これ以外にも通勤で歩く人は
会社についたら一杯、帰宅後に一杯など
日常生活に水を飲む習慣をつけるようにすると、
健康維持や疲労回復に効果があるとされています。

 

 【まとめ】

・成人の身体は一日に2.3リットルもの水分を排出する為、
水分補給は大切。
・健康的に水を飲むためには一度にたくさん飲むのではなく、
コップ一杯を何度かに分けて飲むと良い。
・就寝前、寝起き、スポーツ時、入浴後など
日常生活で水を飲む習慣をつけよう。

 

Sponsored by Google

コメントを残す