慢性疲労 解消するためのシンプルな方法とは?

Sponsored by Google

最近体の疲れが抜けない、
寝ても寝ても眠たい…
なんてこと、ありませんか?

疲労

「慢性疲労」という言葉を良く聞きますが、
最近の筆者は間違いなくコレです(涙)

仕事に集中できなかったり、
休みの日をつい睡眠に費やしてしまったり…
それでも疲れが抜けないから困ったものです。

今回は慢性疲労を解消する方法について調べてみました。
最近疲れを感じている人がいらっしゃいましたら、
是非とも参考にしてみてください。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■慢性疲労とは?
■慢性疲労 解消するためのシンプルな方法とは?

 

慢性疲労とは?

慢性疲労とは休息しても疲れが抜けず
続いている状態
をさします。

私たちの身体は無理をしていると感じると、
意識の覚醒や注意力を保つのに重要な働きをしている
脳幹綱様体へその情報が伝えられます。

次に自律神経の中枢である視床下部や、
食欲、性欲などの本能や感情をつかさどる中枢である
大脳辺縁系へ情報が伝わるのです。

慢性疲労はこの脳へと伝わった疲れの情報が
抜けない状態のことで、
簡単に言うと脳が疲れている状態を指すのです。

睡眠で体の疲れが抜けても、
脳が疲れた状態であれば疲労感は持続してしまいます。

 

慢性疲労 解消するためのシンプルな方法とは?

慢性疲労を解消させるには健康的な生活が一番の近道です。

 

 食生活

食事は1日3回、だいたい決まった時間にとる
という習慣を身に着けましょう。

忙しいからと食事を抜いてしまうと、
必要な栄養素を十分にとることが出来なくなってしまいます。

特に、朝ごはんを食べたり、
食べなかったりする人は要注意です。

朝は血糖値が低下しているので、
朝食を食べないと体温も上がりにくく
集中力もあがりません。

そして一気に飲み込むのではなく、
ゆっくり良く噛んで食べた方が消化吸収も良いです。

疲れを感じている時はレモンや酢などのクエン酸を食事からとったり、
ビタミンが豊富なスムージーなども手軽で良いでしょう。

 

 質の良い睡眠

睡眠は疲労をとるのに必要不可欠なものです。

ですが寝すぎるとかえって
疲労感を悪化させる原因になりますので、
自分に適した睡眠時間を知ることが大切です。

また寝具や香りなどにもこだわり、
良質な睡眠をとれるよう工夫してみましょう。

 

 運動

疲れているのに…と思うかも知れませんが、
疲れている時こそ適度な運動は疲労回復の効果があります。

日常的に運動をしている人は代謝が高く、
疲労が蓄積されにくいとされています。

過度に運動する必要はありませんが、
日々の生活の中でウォーキングやストレッチなどを
取り入れると良いでしょう。

 

 どうしても辛い時は…

どうしても辛い時は栄養ドリンクや疲労回復に効果のある薬品、
サプリメントを摂取するのも一つの手です。

生活スタイルを見直すと疲労自体を蓄積しづらくなりますが、
即効性があるのはこの方法でしょう。

しかし一時的な回復に過ぎませんので、
薬やサプリメントばかりに頼るのはやめましょう。

 

 【まとめ】

・慢性疲労とは脳の疲れが抜けていない状態をさす。
・慢性疲労を回復させるには健康的な生活を送ることが一番の近道。
・どうしても辛い時は栄養ドリンクや薬品、サプリメントに頼るのもアリ。

 

Sponsored by Google

コメントを残す