Facebook 乗っ取り防止の為にやっておくこととは?

Sponsored by Google

LINEの乗っ取り詐欺が話題となっていますが、
危険なのはこれだけではありません。

LINE以上にユーザーが多いとされ、
コミュニケーションツールの中心となっているFacebook

facebook

実はこのサービスも乗っ取りの対象とされていて、
かなりの方が被害に遭っているようです。

メッセージのやり取りから、友人の近況、
写真など多数の情報を共有するサービスですから
LINE以上に注意が必要かも知れません。

そこで今回はFacebookの乗っ取り防止策について
調べてみることにしました。

自分だけではなく友人、知人に
迷惑をかけることになるかも知れませんので、
今のうちにきちんと対策しておきましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■Facebook 乗っ取りの手口とは?
■Facebook 乗っ取り防止の為にやっておくこととは?

 

Facebook 乗っ取りの手口とは?

LINEの乗っ取りに関しては
複数のサービスを同じメールアドレスとパスワードで
使用していることが原因の一つだと考えられますが、
これに関しては情報の入手が不可欠です。

ですがFacebookの乗っ取りは非常に簡単で、
仕組みを理解している人ならば
誰でも行えてしまう可能性があるのです。

その手口とはメールアドレスを使って
パスワードを再発行する
ということ。

実はFacebook上では自分のメールアドレスを
公開できるシステムがあり、
良く分からないまま
自分のアドレスを全体に公開してしまっている場合があります。

その設定のままにしておくと
調べるまでもなくメールアドレスを入手できてしまう為、
パスワードを忘れことにして
再発行してしまうことが可能
になる訳です。

 

ですがFacebookもここまでの流れを予測して上で
対策を行っています。

パスワードの再発行を申し込んだ場合、
本人確認の為に連絡の取れる友人を3人選ぶことになっており、
その友人たちに認証コードが送られ、
それを聞いて入力する作業が必要になります。

それなら大丈夫だろうと安心しているあなた。
もしかして、知らない人とFacebook上で友人になってはいませんか?

Facebook上には業者やスパムのアカウントも多数存在しており、
あたかも実在の人物であるかのように
振る舞っている場合があります。

それらのアカウントと3人以上友達になっていると、
上の友人を選択する場面でこのダミーアカウントを選択してしまえば
パスワードの再発行ができてしまうのです。

 

Facebook 乗っ取り防止の為にやっておくこととは?

まず第一に行いたいのが、
メールアドレスを全体に公開する設定にしないことです。

業者にアドレスを知られてしまうという第一の段階を
これで防ぐことができます。

しかしこの設定を変えると@facebook.comというアドレスが
代わりに表示されることとなりますが、
稀にこのアドレスからも乗っ取りが行える場合があるようです。

 

ではどうすれば乗っ取りを完全に防ぐことができるのか?

それは「信頼できる連絡先」を予め設定しておくことです。

「信頼できる連絡先」とは何らかの原因で
Facebookアカウントにアクセスできなくなった場合に、
連絡を取れるように予めユーザーを設定しておくことです。

▼「アカウント設定」→「セキュリティ設定」から
編集できるのですが、
この設定を行うと上に書いた手口の
「連絡の取れる友人3人」を
最初から指定しておくことができる
のです。

つまり誰かがアカウントを乗っ取ろうと
パスワードの再発行を申し込んだとしても、
ダミーアカウントなどを後から選択することができなくなるので
乗っ取りを高確率で防ぐことができます。

この設定は乗っ取り対策以外にも、
携帯を紛失した場合にも役立ちますので
やっておいた方が良いでしょう。

また合わせて、知らない人と友達になるのは
できるだけ控えるようにして下さい。

 

 【まとめ】

・Facebookの乗っ取りはLINEよりも簡単にできてしまう。
・メールアドレスを全体に公開している、
知らない人と友達になっている人は危険度が高い。
・対策としてはメールアドレスの公開をやめ、
信頼できる連絡先を設定しておくのが良い。

 

Sponsored by Google

コメントを残す