LINE 乗っ取り対策に効果的な方法は?

Sponsored by Google

スマホユーザーのほとんどの人が
使っているアプリと言えば、LINEですよね。

line

メールよりも便利で、
無料で通話までできてしまうのですから、
こんなにも使いやすいアプリはありません。

ですが便利な反面、危険も伴い
LINEでのトラブルが絶えず発生しています。

特に最近話題になっているのが
LINEの乗っ取り詐欺というもの。

自分、もしくは友人になりすましてLINEをし、
Webマネーなどを騙し取るという手口です。

報道されるようになった分、
騙されることは少なくなったかも知れませんが、
万が一自分のアカウントを乗っ取られたりしたら
誰でも気分は悪くなりますよね。

そこで今回はLINE乗っ取り対策について調べてみることにしました。
自分のアカウントは大丈夫と安心しきるのではなく、
きちんと対策しておきましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■LINE乗っ取り対策 その方法は間違っているかも
■LINE乗っ取り対策に効果的な方法は?

 

LINE乗っ取り対策 その方法は間違っているかも

LINEの乗っ取りが報道されるようになり、
テレビ番組などでも対策法が紹介されるようになりました。

その中でも一番有名なのが、
他端末ログインをオフにするというもの。

これは現在自分が使っている端末以外から
LINEにログインすることを防ぐというものですが、
実はこの方法は乗っ取り対策としては間違っているようです。

その理由としては他端末ログイン許可オフで
【パソコン】からのログインは拒否できるが、
【スマートフォン】からのログインは拒否できないから
です。

業者はきっとPCからログインしているに違いない!
という思い込みがこの対策法に結び付いたと思うのですが、
一度スマホからログインしてしまえば
他端末ログインを許可することができてしまいますので、
スマホで一度ログインしてPCから利用する…
ということもできてしまう訳です。

 

LINE乗っ取り対策に効果的な方法は?

上記で間違っている対策法をご紹介しましたが、
それではどうすればLINE乗っ取りを防ぐことができるのでしょうか?

その方法とはズバリ
「パスワード」を変更するというシンプルなもの。

何故LINEの乗っ取りには
メールアドレスとパスワードが必要になります。

それをなぜ業者が知っているのかというと、
他サービスで利用している情報が
漏れているからだと考えられます。

メールアドレスをいくつも使い分けている人や
パスワードをいくつも使い分けている人は少ないもの。

FBやmixi、インスタグラムなどの
多数のSNSを利用する際に
全て同じアドレスとパスワードを使っていると、
どれか一つの情報が漏れてしまえば
全てのサービスの乗っ取りが可能になってしまう訳です。

ですからそれぞれのサービスでパスワードを使い分ける、
今のうちにパスワードを変えておくというのは
乗っ取りに対する最も重要な対策になります。

またLINEは他端末からの同時ログインを許可していませんので、
もし今使っている端末でログインできなくなった場合は
乗っ取られている可能性が高いといえます。

 

 【まとめ】

・他端末ログインを許可しないという方法は、間違った対策法である。
・乗っ取り対策で一番効果的なのはパスワードを変更すること。

 

Sponsored by Google

コメントを残す