舌の付け根が痛い場合の対処法は?

Sponsored by Google

口内炎や歯周病などお口のトラブルは絶えないものですが、
皆さんは舌の付け根が痛い…
なんて経験をされたこと、ありませんか?

舌

筆者はたまに舌の付け根の特に右側だけ
痛くなることがよくあります。

食事をする際など不快なのですが、
気付くと治っているのでいつも放置してしまいます。

ですが最近頻繁に痛むようになってきて、
さすがに煩わしく感じているのですが…

実は周りにも同じ症状を感じたことのある人が結構いると知って、
なんだか原因や対処法などが気になってきてしまいました。

そこで今回は舌の付け根の痛みについて調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■舌の付け根が痛い その原因とは?
■舌の付け根が痛い場合の対処法は?

 

舌の付け根が痛い その原因とは?

舌の付け根が痛い場合に考えられる原因は様々ですが、
まずは舌扁桃(ぜつへんとう)が炎症を起こしていることが考えられます。

舌扁桃は舌の付け根にあるもので、
リンパの集まっている所です。
この場所が炎症を起こすと痛みを感じることが多いそう。

またそれ以外で考えられるのは物理的な刺激です。
虫歯や入れ歯、詰め物が舌に当たって痛みが出ることがあります。

それ以外では歯の治療などで使用される歯科材料に
アレルギー反応を示して痛みがあることもあります。

またカンジダ菌やウィルスによる痛みも考えられる原因の一つです。
亜鉛や鉄分、ビタミンB群などの栄養素が
足りないために痛みが出ることもあります。
これは口内炎に近い症状ですね。

他には精神面が作用していることも多いようです。
口というのは精神面に左右されやすい場所ですから、
ストレスなどを感じている場合は気を付けましょう。

 

舌の付け根が痛い場合の対処法とは?

舌扁桃に炎症を起こしている場合は
抗生物質などの投与で完治させることができますが、
虫歯や入れ歯、詰め物等が刺激となって痛みが出ている場合は
該当の箇所を削る必要があります。

アレルギー反応なども同様で、
まずは検査をしなければなりません。

菌やウィルスが原因の場合も薬による治療で治すことができます。
まずはサプリメントなどで栄養を補い、
それでも治らない場合は必ず歯科医に相談しましょう。

適切な治療を受けることによって、
煩わしい痛みから解放されるはずです。

 

 【まとめ】

・舌の付け根が痛い原因は舌扁桃の腫れや
物理的な刺激、栄養不足などが原因だった。
・まずは原因を取り除くことが大切、
栄養をきちんと摂っているのに治らない場合は
歯科医に相談して治療を受けよう。

 

Sponsored by Google

コメントを残す