脳の酸素不足の症状とは?【改善法は?】

Sponsored by Google

なんだか毎日ボーっとしてしまう。
疲れが抜けない。
イライラしたり、首や肩のあたりが重くだるい感じがする…
なんて悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか?

疲れ

あなたのその悩みは、実は酸素不足が原因かも知れません。
今回は脳の酸素不足について注目してみることにしましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■脳の酸素不足の症状とは?
■脳の酸素不足 改善法は?

 

脳の酸素不足の症状とは?

脳が酸欠を起こすと
疲れやすい、頭が働かない、目が悪い、目が疲れる…
などの症状が出ます。

酸素の量が減ると人間の防衛本能が働き、
酸素を多く取り入れようと体の器官が頑張ります。

その結果、頑張り過ぎた器官は
エネルギー不足になってしまうのです。

また酸素が不足すると
体内の細胞の働きも鈍くなってしまいます。

ですから目が悪くなる、
疲れやすい等の症状まで出てしまうのです。

 

脳の酸素不足 改善法は?

高地にでも行かない限り、
酸素は皆平等に共有されるものです。

それなのに
どうして酸素不足が起きるのでしょうか?

 

その原因は鉄分不足と浅い呼吸だと言われています。

鉄分に含まれるヘモグロビンは
血中で酸素と結びつき全身に運ばれていきます。

この量が減少すると
酸素を取り込む量も減ってしまうのです。

そして酸素を多く吸う人は
肺全体を使って呼吸をしていますが、
酸素不足の人は肺の上の方しか使わず
呼吸をしていることが多いようです。

つまり脳の酸素不足を解消したいならば、
鉄分不足を補い深い呼吸を心がけると良いのです。

 

鉄分を多く含む食品、ほうれん草やレバーなどを食べたり
サプリメントで補ってあげましょう。

 

深い呼吸とはつまり深呼吸のこと。
一日に数回でも深呼吸をする癖をつけましょう。

また運動不足の人は呼吸が浅くなりがちなので、
適度な運動をするのも効果的です。

 

如何でしたか?
最近疲れやすいと感じていた原因は酸素不足かも知れません。
鉄分摂取と深呼吸で疲れをとってあげましょう。

 

 【まとめ】

・脳が酸素不足を起こすと疲れやすい、頭が働かない、
目が悪い、目が疲れやすい等の症状が出る。
・脳の酸素不足の原因は鉄分不足と、浅い呼吸。
・鉄分を補い深呼吸を行って、適度な運動をすると
酸素不足の解消になる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す