首の寝違え 治らない場合の対処法とは?

Sponsored by Google

首を寝違えて痛い!なんて経験、
誰もがしたことがあるのでは?

首

筆者の知人で、首を寝違えて回らなくなり
一日中首を傾げていた人がいました(笑)

かなりイジられていましたが、
本人は結構辛そうでしたよ。

寝違えてしまうことはありがちですが、
治らない時はどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は首を寝違えて治らない場合の対処法について
調べてみることにしました。
もし明日の朝起きて寝違えていたら、実践してみてくださいね(笑)

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■首の寝違え 首が原因ではなかった?!
■首の寝違え 治らない場合の対処法とは?

 

首の寝違え 首が原因ではなかった?!

首をマッサージしても全然痛みが取れない!
なんてこと、良くありますよね。

それもそのはず。
実は寝違えの原因は首ではなかったのです!!

なんと寝違えて首が痛くなる原因は
腋窩(わき)にあります。

腋

寝ている間に腋窩神経が圧迫されることにより、
寝違えは起こります。

腋窩には首を支える筋肉に繋がる神経が走っていて、
ここが血行不良でしびれると痛みを感じるのだそう。

聞いてみると納得の理由ではありますが、
今までは首が原因だと信じ込んでいたせいで
首ばかりをマッサージしていましたよね…
もっと早く知りたかった事実です(笑)

 

首の寝違え 治らない場合の対処法とは?

先ほど首の寝違えの原因が
わきであることを書きましたが、
治らない場合もわきを中心としたストレッチをすれば
解消できるようです。

寝違えて治らない場合はわきの下の筋肉を伸ばして
血行を良くしてあげることが根本治療です。

やり方は以下の通りです。

 

 寝違えて痛い側の腕を少しずつ後ろに引き上げましょう。
 腕を引き上げて自然と止まったところで少しキープ
 痛む側の手の平で腰の真ん中あたりを触る
 そのまま肘をあげて少しキープ

 

キープする時間は20秒ほどが良いそう。
最後にバランスを取る為にもう片方の腕も行い、
2セットほどやるとかなり楽になるようです。

更に肘の角度を120度ほどに開いて
ゆっくりバンザイするのも効果的。
こちらも20秒ほどキープしながら行いましょう。

あんなに辛かったはずの首の寝違いが、
たったこれだけのストレッチで痛みが引くのが実感できるはずです。
困った時は是非皆さんも試してみてくださいね。

 

 【まとめ】

・寝違えの原因は首ではなく腋窩(わき)神経が圧迫されることだった。
・寝違えて首が痛い時はわきの下の筋肉を伸ばすストレッチを行おう。
・腕を使ってわき下の筋肉を伸ばすことで血流が良くなり、
寝違えた首の傷みがとれる。

Sponsored by Google

コメントを残す