深い呼吸をする方法・コツとは?

Sponsored by Google

私たちが生きる上で欠かせない存在と言えば酸素です。
生命の意地にとって呼吸は大切なものですよね。

呼吸

普段の生活の中で意識して
呼吸を繰り返している人は少ないはずです。
それは当たり前のことだからでしょう。

しかしちょっとした工夫をするだけで
様々な効果を得られるということをご存知ですか?

今回は普段気にしないけれどとても重要な「呼吸」について
注目してみることにしましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■呼吸を工夫するだけで得られる効果とは?
■深い呼吸をする方法・コツとは?

 

呼吸を工夫するだけで得られる効果とは?

呼吸を工夫するだけで様々な効果を得られる…
と書きましたが、その方法とは「深く呼吸」すること。

実は医学的にも深い呼吸をすることで
心と体に健康がもたらされることが分かっています。

 

まず深い呼吸をすると血液中に
プロスタグランジンという物質分泌されます。

この物質に「血圧を下げる」「脳梗塞・心筋梗塞の予防」「動脈硬化の予防」
などに役立つのだそう。

また深い呼吸をすることで副交感神経の働きが活発になり、
リラックス効果を得ることができます。

人間は呼吸をするたび脳の「偏桃体」で
不安やネガティブな感情を認識します。

ネガティブな状態にいる人は自然と呼吸が浅くなっていますよね。
ですから呼吸のペースを落とすことで脳が不安を感じなくなり、
ネガティブな感情を払拭することができるのです。

 

深い呼吸をする方法・コツとは?

深い呼吸をするにはゆったりとした
腹式呼吸を身に着ける必要があります。

ですが腹式呼吸はちょっと難しいイメージがありますよね。
日常生活全ての呼吸を腹式呼吸で行うのは困難でしょう。

ですから仕事中や家事の合間など、
空いた時間で行える深い呼吸方をご紹介いたします。

 

 まず口をすぼめて5~10秒ほど遠くに息を飛ばすイメージで
お腹を凹ます感じで息を吐きます。
この時は口から息を吐くことと、細く息を吐くことがポイントです。

 次に3秒くらいかけてお腹を膨らますイメージで
鼻からゆっくりと息をすいましょう。
息を吸う時はかならず鼻からです。

 そのまま2秒ほど息を止めます。

 これを3分ほど繰り返しましょう。

 

たったこれだけのことですが、
一日に数回行うだけで効果があります。

 

またリラックス効果を得られることでストレスが軽減したり、
疲れがとれる効果もありますよ。

ですがあまり繰り返し続けると頭がボーっとしたり、
立ちくらみのような症状が出ることもあるので
無理はしないでください。

余裕がある時は息を吐くときにイライラした感情や
体の余分なものが出て行くイメージをし、
吸う時は新鮮な酸素を体中に取り込むというイメージで
行ってみると良いそうです。

脳がスッキリとするだけではなく、
心も軽くなるそうですよ。

 

如何でしたか?
何気ない呼吸ですが、ちょっと意識して行い心身ともに
健康な体を手に入れましょう。

 

 【まとめ】

・深い呼吸をするだけで「脳梗塞・心筋梗塞」「動脈硬化」
などの病気を予防できる。
・深い呼吸をするとリラックス効果あり、
ネガティブな感情を払拭できる。
・深い呼吸をするポイントは鼻から息を吸い、
口から吐くこと、全身に酸素を行き渡らせるイメージで行うと良い。

Sponsored by Google

コメントを残す