高齢出産 2人目のリスクとは?

Sponsored by Google

今は結婚する年齢が上がっており、
出産年齢も高くなっていますよね。

妊娠

もちろんそれは悪いことではありませんし、
筆者も晩婚化の波に乗っています(笑)

ですがそうなってくると
高齢出産のリスクを考えなくてはならなくなってきます。

また一人目から間が空いてしまい、
二人目が高齢出産になってしまうこともあります。

そこで今回は高齢出産のリスクについて
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■高齢出産 2人目のリスクとは?
■高齢出産 リスクを減らすには?

 

高齢出産 2人目のリスクとは?

2人目の場合は高齢出産でもリスクが低いと言われていますが、
実は初産の場合とそれほど変わりません。

卵子は年齢と共に老化することが分かっており、
それによって染色体異常や流産や早産リスクが高まってしまいます。

また合併症のリスクは減るとされていますが、
高血圧になりやすいとも言われています。

それ以外では高齢になると産道が硬くなったり、
分娩が長引く可能性があります。

その為、帝王切開での出産が高くなると言われています。

 

高齢出産 リスクを減らすには?

高齢出産のリスクを知ってしまうと、
諦めてしまったり怖くなってしまったりしますよね。

ですが40代でも出産したママさんもいますし、
そこにはもちろん個人差があります。

ですから諦めてしまうのではなく、
リスクを減らす生活を心がけ、妊活ライフを送りましょう。

リスクを減らすといっても、
これだけすればOKということはもちろんありません。

少しずつ生活の中で
妊娠に対する準備をしておくようにしましょう。

 

まず高血圧や糖尿病は高齢でもリスクが高まりますが、
体質によるものも大きいです。

高齢で出産を考えている人は内科でのケアも
定期的に受けておくようにしましょう。

 

また産婦人科での子宮ケアも定期的に受けましょう。

子宮筋腫や子宮内膜症が高齢出産のリスクを
高めることが分かっています。

ピルの服用などで抑えられるものもありますし、
治療によってリスクが下がる場合もあります。

 

それ以外では葉酸を摂取することで、
大方のリスクを減らすことができることが分かっています。

実は一定量の葉酸を摂取すると染色体異常や、
妊娠合併症、早産や流産などの発生率が低くなるのです。

葉酸はサプリメントなどで販売されていますし、
気になる方は是非試してみてくださいね。

 

 【まとめ】

・高齢出産は加齢による染色体異常や高血圧になりやすく
流産などが多くなるというリスクがある。
・高齢出産によるリスクは内科や産婦人科などの検診を受けて
きちんと準備しておくことである程度低くすることができる。
・葉酸を一定量摂取すると高齢出産によるリスクを
下げることがわかっている。

Sponsored by Google

コメントを残す