二人目の妊活時期、タイミングは?

Sponsored by Google

子供は宝と言いますが、
友人の子供たちを見ていると本当にそう感じます。

妊娠

そしてそんな友人たちの口から出てくる言葉は、
やはり二人目が欲しい…ということ。

筆者的には友人の子供が増えれば増えるほど嬉しいし(勝手に親戚気分)、
いいじゃんいいじゃん!という気持ちなのですが、
いざ育てる側としては二人目をいつ産むかということは
非常に難しい問題のようです。

二人目を!と思っていてもタイミング良く妊娠するかと言えば
そうではありませんし、仕事や一人目の子との関係性などを
考えたりもするでしょう。

そこで今回は二人目の妊活時期について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■二人目の妊活時期、タイミングは?
■産み分けはできるのか?

 

二人目の妊活時期、タイミングは?

子供は授かりものですから、タイミングを計って妊娠する…
ということは難しいかも知れません。

ですが経済的な負担や子育ての大変さを考えると、
二人目は時期を見て妊活したいと思うものですよね。

もちろんどれが正解というのはありませんが、
医学的にみると一人目から1年半がベストなのだそう。

なんでも1年未満だと早産や低出生体重児のリスクが
高くなってしまうようです。

 

ですが1年半だとまだまだ子育てに余裕がある時期とは言えず、
家事や子育てに手一杯ということもあります。

また育休や産休をとり、職場復帰を考えている方はすぐに妊娠…
となると周りの目が気になるかも知れません。

具体的に一番多い声としては、上の子が3~4歳になると
多少手が離れ、楽になるということが多いそう。

魔の2歳児と言われている時期に妊娠すると、
つわりなどの辛い時期に子育ての負担が大きくなるという
辛さがあるようですね。

ただ中には3歳離れていると、
中学や高校などの入学・卒業のタイミングが被る為
後々大変だと言う意見も聞きます。

できれば夫婦二人できちんと話し合って、
互いの実家が子育てに協力してくれるか、
経済的な負担はないのか?ということも
視野に入れて考えるのがベストかも知れませんね。

 

産み分けはできるのか?

男の子でも女の子でも生まれてくれればどちらでも嬉しいもの。

ですが上の子は男の子だったからできれば女の子が欲しい!ですとか
経済的に二人しか育てられないから…といった理由で
産み分けを希望されている方も多いはずです。

 

一昔前は産み分けなどできない、難しいというのが一般的でしたが
現在では100%とはいかないまでも
産み分けはできるというのが一般的なようです。

もちろんそこがストレスになるようではいけませんが、
70%くらいの確率で産み分けができるようにはなってきています。

具体的には女の子が欲しい場合は排卵日の2~3日前に妊活し、
男の子が欲しい場合は排卵日に…
ということが挙げられます。

それ以外では産み分けゼリーというものが売られており、
男の子用と女の子用が存在しています。

もちろんこちらも100%ではありませんから自己責任です。
しかし産み分けたい場合には使用してみるのも
一つの手かも知れませんね。

 

 【まとめ】

・二人目の妊活時期に正解はないが、医学的には一人目から
1年半がべストと言われている。
・経済的な理由や育休などの問題、子供の成長を考えると
3~4歳差が楽で良かったという声が多い。
・産み分けを希望する場合は100%の確率ではないが、
ゼリーなどの産み分けグッズを使うと良い。

Sponsored by Google

コメントを残す