左のこめかみが痛い場合の原因・対処法は?

Sponsored by Google

自慢ではないですが、
筆者は今まで様々な頭痛を経験してきました。

頭痛

眉間の痛みだったり、後頭部の痛みだったり、
額付近に感じる痛みだったり…

しかしその中でも特に一番厄介なのは
「こめかみ付近」に感じる痛みです。

この頭痛の特徴は鋭くキーンとした痛みを伴うこと。
時にはめまいや吐き気まで催したりして、
仕事どころではなくなってしまうんですよね(涙)

そこで今回は煩わしいこめかみの痛みについて
調べてみることにしました。

頭痛持ちの方がいらっしゃいましたら、
是非とも参考にしてみて下さい。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■左のこめかみが痛い場合の原因とは?
■左のこめかみが痛い場合の対処法は?

 

左のこめかみが痛い場合の原因とは?

左右に偏った痛みがでる場合は、
偏頭痛である可能性が高いとされています。

偏頭痛とはストレスなどが原因で脳内の血管が拡張し、
痛み物質が出ることによって起こる頭痛のこと。

女性の場合はホルモンの影響や
遺伝的な要因もあるとされています。

するどい痛みと吐き気や嘔吐を伴うことが多く、
めまいを感じることもあります。

一度症状が出ると、数時間から数日続くことがあり
非常に厄介な頭痛であると言えます。

 

また病院へ行ったのに原因が分からないなどの場合は、
頭蓋骨の歪みが原因である場合があります。

蝶形骨という頭蓋骨の中心に位置する骨があるのですが、
ここは脳を支える重要な部分。
ここの骨が何らかの原因で歪んでしまうと、
こめかみに痛みを生じることがあります。

またこめかみと目の奥に接している部分なので、
眼精疲労を伴うことも多いです。

この場合は目の奥の傷みや頭が重くなったように感じるなどの
症状を伴うことがあります。

 

左のこめかみが痛い場合の対処法は?

左のこめかみが痛く偏頭痛が疑われる場合は、
まず患部を冷やしてあげましょう。

痛みを我慢して頭痛薬を飲まずにいると、
余計薬が効きづらくなります。
ですから痛みを感じたらすぐに薬を飲むようにしましょう。

またカフェインをとる、静かな暗い場所で
横になる等すると効果的です。
できれば1時間程眠ると良いでしょう。

 

蝶形骨の歪みが原因だと考えられる場合は、
まず歪みをとることが先決です。

この場合は自分で行うよりも、
整体などで施術を受けると良いでしょう。

蝶形骨の歪みをとる施術を受けると、
同時に顔の歪みが取れ小顔効果が期待できるなど
一石二鳥の実感を得られるのが魅力的です。

病院に行っても原因が分からず悩んでいる方は、
一度整体で診てもらうと良いでしょう。

 

 【まとめ】

・左のこめかみに鋭い痛みがある場合は偏頭痛である可能性が高い。
・目の奥の傷みや眼精疲労を同時に感じる時は
蝶形骨の歪みが原因かも知れない。
・偏頭痛の場合は幹部を冷やし静かな場所で横になる、
蝶形骨の歪みが原因の場合は整体で診てもらう。

Sponsored by Google

コメントを残す