焼きみかんの効果とは?作り方とは?

Sponsored by Google

冬と言えばコタツにみかん!
を想像してしまう筆者ですが、
実は日本人が大好きなみかんを
焼いて食べる地域があるというのをご存知ですか?

みかん

しかもごく一部の地域という訳ではなくて、
意外と全国的に焼きみかんは食べられているそうなのです。

みかんを焼いて食べるなんて~!!と思っている皆さん、
そのおいしさと効果を知ってしまうと
もう普通にみかんを食べることはできなくなってしまうそうですよ!

そこで今回は「焼きみかん」について調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■焼きみかんの効果とは?
■焼きみかんの作り方とは?

 

焼きみかんの効果とは?

北陸地方や東北地方、九州地方の一部の地域などで
良く食べられているという「焼きみかん」。

実は普通にそのまま食べるよりも
様々な効果が得られるとあって今注目されているのです。

 

まずみかんの皮を剥くときに香るあの良い匂い。
リモネンという成分なのですが
その匂いを嗅ぐとリラックス効果を得ることができるそうなのです。

焼くことによって香りも増しますから、
更なるリラックス効果が期待できるかも知れませんね。

そして焼くことによって皮の中に含まれているビタミン
抗酸化作用の高い成分などが実に浸透し摂取しやすくなるそうです。

その為、老化防止や美容などに効果が期待でき、
血流を良くしてくれるので冷え性などにも効果があります。

免疫力も高まるので風邪の予防ができますし、
ダイエットにも効果があるとされています。

しかも酸っぱくて食べられないようなみかんでも焼くことによって
甘味が増すので、食べやすくなるそうです。

 

焼きみかんの作り方とは?

焼きみかんの作り方はとても簡単!
グリルやフライパン、トースターなど焼き目を付けながら
加熱できるものなら何でもOK。

この時、農薬やワックスなどが気になる場合は、
お湯に1分ほどつけて水分を拭き取ってから焼きましょう。

あとはまんべんなく焼き目がつくまでみかんを焼くだけ!
グリルなら上下で5分くらいが目安です。

焦げすぎないように注意しながら、
時々ひっくり返して焼き目をつけてあげましょう。

 

食べるときは皮ごと食べるのが一番栄養価が高いとされていますが、
無農薬でない場合は皮を剥いて食べても大丈夫です。

料理に自信のある人は肉料理の付け合わせとして
アレンジしてみるのもおススメします。
彩りが良くなって、なんだかお洒落な気がしませんか?

とても簡単な焼きみかん。
生で食べるよりもずっと身体に良いそうなので、
興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 【まとめ】

・焼きみかんとはその名の通りみかんを焼いて食べること。
・生で食べるよりも栄養が高くなり、老化防止や美容などに効果がある。
・作り方はとても簡単でグリルやトースターなどで
みかんに焼き色がつくまで火を通すだけ。

Sponsored by Google

コメントを残す