ビットコインの購入方法とは?

Sponsored by Google

ビットコイン
*gettyimagesより引用

ビットコインをご存じですか?
筆者はその手のニュースには疎いのですが、
最近大注目だと知人が話していて、
とても気になりました。

いったい、ビットコインってなんなんでしょう?
名前から想像するに、
ゲームか何かで使えるコイン?
と勝手な想像が膨らむ前に、
ちゃんと調べてみようと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■ビットコインとは?
■ビットコインの購入方法とは?
■ビットコインのメリット・デメリット

 

 ビットコインとは?

ビットコインとは、いわゆる仮想通貨のことで、
昨年末には年始時期に比べて、
約60倍にまではねあがったという今大注目の通貨です。

通貨の単位はBTCで、紙幣や硬貨は発行されていないので、
仮想通貨やデジタル通貨とも呼ばれています。

流通を管理するような主体事業や国家、
中央銀行のようなものもないので、
米ドルや円などの現実通貨との交換は、
Web上の取引所を通して行います。

金融機関を通して決済をしないので、
手数料などが発生しないシステムで、
あのアメリカのウォール街でも決済のシステムとして有望だ、
という見方をしているというから、
今後の利用拡大がさらに注目されそうです。

もともとは一部のネット空間で利用されていたものが、
次第に大手事業者が決済に利用するようになってきて、
2011年~2012年にかけては金に近い安定感のある通貨として、
一気に注目されるようになったそうです。

 

 ビットコインの購入方法とは?

ビットコインの購入は
それを取り扱う銀行が存在しないので、
購入するには個人間取引の仲介を行う
取引所
で購入します。

幸い日本にもビットコイン取引の
80%を以上を取り扱う「Mt.Gox」という取引所があり、
そこを利用して手に入れることができます。

その他にも日本国内によくあるお小遣いサイトなどでも、
ビットコインがもらえるところがあります。

こういった入手方法が
今の時代を現した仮想通貨らしく
ユニークなところですよね。

ビットコインの入手方法についても、
きちんと調べた上で自分の責任において行うようにしましょう。

 

 ビットコインのメリット・デメリット

何にでもメリット、デメリットはつきものですが、
目新しいものだからこそ、よく把握した上で、
利用するかしないかを考えることが大切ですよね。

 

 メリット

・どの国でも利用できる
・口座を凍結される心配がない
・国籍を持たない民主的な硬貨
・最先端の暗号処理で取引が安全
・決済手数料が安い
・銀行などの仲介がなく個人間取引が可能

 

 デメリット

・仕組みが複雑
・反社会的勢力の温床になっている
・実態を持たない不安感
・普及するとクレジット会社が危機になる
・上昇下落が激しく、安定感にかける

 

メリット、デメリットをみても、
ビットコインを利用するのが良いのかの判断は、
自分にとって利用価値があるかどうかにもよりますよね。

ビットコインが注目されている今、
こうした形が今後は主流になる日も近いのかもしれません。

 

 【まとめ】

・ビットコインとは今大注目の仮想硬貨である
・メリットもデメリットもあるので利用は個人の判断で
 今後はさらに需要が高まると思われる

 

Sponsored by Google

コメントを残す