健康診断で肝機能が再検査の場合は何科を受診?

Sponsored by Google

筆者の勤める会社では
12月に健康診断があるのですが、
それに合わせて周りでは飲み会を控える運動が
活発になりつつあります(笑)

診断

飲み会が多い環境と言いますか、
お酒好きが多い職場と言いますか
毎回健康診断で引っかかる人が必ずいるんですよねぇ。

この時期だけ減らしても意味がないとは思うのですが、
筆者もつい一緒になってお酒を減らしてしまいます(笑)

ところで健康診断で肝機能が再検査になった場合
何科を受診すべきなのでしょうか?

万が一引っかかってしまった時の為に
今から知っておこうと思います。(笑)

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■健康診断で肝機能が再検査の場合は何科を受診?
■肝機能が再検査になる原因とは?

 

健康診断で肝機能が再検査の場合は何科を受診?

健康診断で肝機能の再検査結果が出たことがある人は
少なくないはずです。
再検査の通知が来ただけでも気分が重くなりますよね。

大きな病院に行かなければならないのか、
それとも小さなクリニックで良いのか
病院を探すのにも悩んでしまいます。

万が一健康診断で肝機能の再検査が出た場合は
とりあえず近所の内科を受診すれば大丈夫だそう。

血液検査をすることになるようですが、
それで本当に異常が見つかれば
大きな病院に紹介状を書いてもらえるでしょう。

 

肝機能が再検査になる原因とは?

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているほど
自覚症状がありません。

ですから肝機能が再検査になった時は
きちんと再検査を受けるべきでしょう。

 

お酒が好きな人であれば
肝機能障害から肝硬変になるなど
重症化する場合もあります。

稀にお酒も飲まないのに
肝機能が再検査になる人がいらっしゃいますが、
その場合は非アルコール脂肪性肝炎(NASH)かも知れません。

脂肪肝とは肝臓の細胞の中に
中性脂肪がたくさん溜まった状態のことを言います。

通常はお酒好きの人に多い症状ですが、
お酒を飲まない人にも現在は脂肪肝が増えているそう。

この場合でも肝硬変になる可能性があり、
放っておくと命に関わることもあります。

お酒を飲まない人でも肝機能が再検査になった場合は
必ず病院を受診しましょう。

 

 【まとめ】

・健康診断で肝機能が再検査になった場合は
とりあえず近所の内科を受診しよう。
・肝臓は沈黙の臓器と言われており自覚症状が出にくい。
・お酒を飲まない人でも肝臓に脂肪が溜まる
アルコール脂肪性肝炎の可能性がある。

Sponsored by Google

コメントを残す