インフルエンザの予防接種 効果はどのくらい?

Sponsored by Google

これからの季節気を付けたいことと言えば
やはりインフルエンザですよね。

インフルエンザ

感染力が強く学校などでは
学級閉鎖や学校閉鎖などが毎年相次いでいます。

社会人としても体調管理に気を付けたいところですから、
予防接種を考えている方も多いのではないでしょうか。

けれど予防注射を打ったのにインフルエンザにかかった人や、
打たなくてもかからない人っていますよね。

インフルエンザの効果って一体どのくらいあるのでしょうか?
ちょっと気になりませんか?

そこで今回はインフルエンザの予防接種について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■インフルエンザの予防接種 効果はどのくらい?
■インフルエンザの予防接種 注意点とは?

 

インフルエンザの予防接種 効果はどのくらい?

インフルエンザの予防接種を受けたのに、
インフルエンザになってしまった…

という話、聞いたことはありませんか?

実はワクチンというのは
もともと感染を予防する効果はありません。

感染と言うのは口や鼻の粘膜から
ウィルスが体内に入り増殖することです。

ですから感染を100%予防することはできませんが、
ワクチンを打っておくことで体内で抗体を作り、
発症したり重症化することを防ぐことはできます。

特に高齢者は予防注射の摂取で死亡率を下げることができ、
若い世代では発症率を下げることができるとわかっています。

ただしインフルエンザは毎年少しずつ型が変わる為、
ワクチンを打ったのにその抗体では効かない
ということも考えられます。

重症化してしまうことを防ぐという意味では、
インフルエンザの予防接種を受けることは必要かも知れませんね。

 

インフルエンザの予防接種 注意点とは?

インフルエンザの予防接種にはいくつか注意点があります。
まずはその副作用から。

インフルエンザの予防接種は痛みを伴い、
打った箇所が腫れあがるケースがあります。

また発熱や悪寒、体のだるさなどを感じる人も多く
アレルギー反応が出てしまう場合があります。

アレルギーや基礎疾患をお持ちの方は
予防接種を受ける前にしっかりと医師に相談しましょう。

 

またワクチンを打ってから抗体ができるまでは
2週間ほどかかるため、大流行する12月前には
済ませておいた方が良いです。

そしてワクチンの持続効果は5か月ほどしか持たない為、
ワクチンの接種は毎年行った方が良いでしょう。

医療機関によっても金額が変わるので、
近隣の病院で一番安価な所で受けるようにしてください。

65歳以上の方は助成が受けられ
自己負担が減る可能性が高いため、
済んでいる市区町村に問い合わせてみて下さいね。

 

 【まとめ】

・インフルエンザの予防接種には感染を予防する効果は期待できない。
・感染は予防できないが発症や重症化を防ぐことはできる。
・副反応やアレルギー反応に注意し、大流行する12月前までに
済ませておくようにしよう。

Sponsored by Google

コメントを残す