夢遊病の原因とは?【症状、治療法とは?】

Sponsored by Google

夢遊病

最近よく眠れていますか?

筆者は最近眠りが浅いのか、
充分に眠れているはずなのに
ちっとも寝た気にならず、
慢性睡眠不足です。

寝不足気味だとどうしても頭が働かず、
仕事や勉強などにも悪影響ですよね。

ところで筆者は最近、
テレビで夢遊病に関する話を見たのですが、
あれも恐ろしいものですね。

眠ったままふらりと歩き出したり
踊り出したりするくらいなら
笑い話にもなりますが、
中には外に出て事故に遭ってしまったり、
眠ったまま人を殺害してしまった事件もあったそうですから、
やはりなんとしても避けたい病気の一つです。

今回はそんな夢遊病の原因や
症状、治療法などについて
お話ししていきたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■夢遊病の原因、症状は?
■夢遊病の治療法は?

 

 夢遊病の原因、症状は?

夢遊病はとくに子どもに多い病気で、
5歳から12歳までの子どもの10~15%が
夢遊病にかかったことがあるといわれています。

その症状は様々で、部屋の中をぐるぐると回ってみたり、
ただひたすらぼーっとするだけの人もいれば、
おもむろに洗濯を始めたり食事をする人もいるといいます。

目は閉じたまま、普通に会話をしたり、
買い物までできてしまう人もいるといいますから、
夢遊病がいかにおそろしいかがよく分かりますね。

原因についてはさまざまあり、
子どもの場合は脳の発達段階で
夢遊病を発病することが多く、
一時的なものであることがほとんどです。

 

一方大人は、何らかの病気やストレスが
原因
であることが多いそうですね。

ストレスを抱えて夢遊病にかかった場合、
寝ている間に欲求不満を
解消することがあるのだとか。

厳しいダイエット中の夢遊病患者が、
夜中に大量のお菓子を食べてしまうなどという話は
たまに耳にしますが、そういう理由なのかもしれません。

 

 夢遊病の治療法は?

夢遊病の治療法として一番良いのは、
やはり専門家に診てもらうことでしょう。

心療内科が一般的ですが、
最近は睡眠外来など、
その道のプロが診察してくれるところもありますね。

また、大人の場合原因のほとんどはストレスですから、
ストレスを解消するのもやはり効果的です。

適度にリラックスして、
たまっているフラストレーションを
解放してあげるのも大事なのではないでしょうか。

 

 【まとめ】

・大人の場合、夢遊病の原因のほとんどはストレスである。
・早急に心療内科や睡眠外来など、専門家の診察を受ける。
・ストレスが原因の場合はそのストレスを解消することで治る場合もある。

 

Sponsored by Google

コメントを残す