体の冷えを改善させたい場合はどうしたらいいか?

Sponsored by Google

突然ですが、皆さんは冬の寒さを
どう凌いでいるでしょうか?

寒冷

特に冷え性を抱えている人は冬という季節はとても厄介。
筆者も冷え性を抱える一人ですが、
冬はももひき(笑)と足の裏にカイロを貼って
ヒートテックを着てその上から厚手のニットを着込んでいます。

それでも寒い時があるのだから、
もう本当に参ってしまいますよ。

頑固な体の冷えを改善させたい場合はどうしたらよいのでしょうか?
今回はこのことについて注目してみることにしましょう。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■体が冷える原因とは?
■体の冷えを改善させたい場合はどうしたらいいか?

 

体が冷える原因とは?

足先が冷たかったり、厚着をしても寒かったり…
頑固な冷えは様々な原因によって引き起こされています。

まず意外と知られていないのが「運動不足」
足の裏は第二の心臓言われるほど
血流を良くするために欠かせない部分です。

運動不足で足の筋肉の働きが悪くなると
血行が悪くなって体を冷やす原因になります。
特に座ったままの仕事が多い方は注意が必要でしょう。

 

それ以外では食べ物が原因になっていることがあります。
食べ過ぎや飲み過ぎは胃腸に血液が集中してしまい
それ以外の部分を冷やす原因となります。

また冷たい物や甘いもの等の取り過ぎは
身体を冷やしてしまいます。
季節に合わない果物などを食べることも良くありません。

その他にもストレスや鎮痛剤などの薬の飲み過ぎが
冷えの原因となっていることが多いようです。

 

体の冷えを改善させたい場合はどうしたらいいか?

頑固な体の冷えを改善させる為には
先ほど挙げた原因となることを一つずつ排除していくことが大切です。

出勤の際に一駅分歩いてみたり、ストレスを軽減したり、
食べ過ぎを避けてみたり…

それでも冷えが改善されない場合は、
体を温める食材を積極的に摂ると良いでしょう。

体を温める食材には「寒い地方で取れたもの」
「寒い季節にとれたもの」「色の濃いもの」
「味の濃いもの」
等があります。

寒い地方でとれるものには
りんごやさくらんぼ、ぶどうなどが挙げられ
寒い季節にとれるものはみかんやタラ、ブリなどが挙げられます。

また色の濃い物はかぼちゃや小豆、黒ゴマや黒糖などで
味の濃い物はニラやエビ、生姜やニンニクなどの薬味です。

これらの食品を食事の際に積極的に摂ることで
体を内側から温めてあげることができます。

 

食事以外ではシャワーだけではなく
湯船に浸かる習慣をつけることも大切です。

風呂

シャワーだけだと湯冷めが早く、
体を冷やしてしまう元となります。

寒い季節は積極的に湯船に浸かる時間を
作るようにしてください。

 

また靴下を何枚も履いたり、
体を締め付けるインナーを着込むのもやめましょう。

体を締め付けてしまうと血行が悪くなり、
余計に体を冷やしてしまいます。

ゆったりとした素材の物を着たり、家の中では
靴下を脱ぐなどしてみると良いかも知れません。

 

 【まとめ】

・体の冷えの原因は運動不足や食べ過ぎ・飲み過ぎ、ストレスなど。
・冷えを改善するには体を温める食材を積極的に摂ることが大切。
・食事以外でも湯船に浸かったり身体を締め付ける服装を
止めることで冷えを改善することができる。

Sponsored by Google

コメントを残す