意外に為になる!?マツコデラックスの名言-独断と偏見でベスト3

Sponsored by Google

マツコ

毎日TVのコメンテーターとして、
MCとして、その顔を見ない日はないのでは
と思うくらいの活躍を見せるマツコ・デラックス

出始めの頃は、【実写版・現代の大仏像】って
こういうことを言うんだろうなあなどと
大変失礼なことを思ったものです。

ところが今では、ドーナツの宣伝などにも起用され、
しかもメイクが綺麗と思ってしまう辺り
”慣れって恐ろしい”などと感じます…

マツコ・デラックスと言えば、
世の中の出来事・男女のこと・芸能界(人)について
バンバン物言いをしてぶった切ってますね。

一般視聴者も、「そうそう!」って
つい思って見ていることも多いと思いますし、
案外&意外にとっても深い名言を数々残しています。

今回は、個人的な独断と偏見による、
マツコ・デラックスの名言を集めてみました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■マツコデラックスの名言-独断と偏見でベスト3
■われ思う

 

 マツコデラックスの名言-独断と偏見でベスト3


「生きるってことは、面倒くさいことを次々と乗り越えてゆくことよ。
 面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。
 頑張って、面倒くさいことを。」

ちょっと名言にしては長いのですが、
現代の子育てや親子関係について
とても深い思いを持っているんだなあと感じた一言です。

”面倒くさい”ってよく使って
逃げてしまいませんか?

でも、それでは人と人とのコミュニケーションも
成り立たないんですよね。

あえてその面倒くさいことに立ち向かうことが大事であり、
現代の人に足りないことだということが伝わってきました。

 


「だってさ、きれいな女はそれでいいんだもん。
 自分がきれいな洋服着てきれいな顔してればさ、
 別に人の美なんて気にならないでしょ」

マツコ・デラックスは、
スリーサイズ140(!)・140キロの体重を誇る巨漢。

そして女装をしているゲイでもありますので、
越えられない性別への憧れ・執着のようなものは
半端ではないと感じます。

とは言っても、綺麗な女性に対する気持ちは
とっても強いのでしょうね。

特に「綺麗な女性は人の美など気にしない」
というフレーズが、自身の容姿への
コンプレックスの裏返しなのかなと感じました。

ただ、マツコ・デラックスの強いところは、
自分の持っていないものを羨むのではなく、
持っているもので表現しようとするところ。
そんな芯の強さと内面のギャップを感じた一言です。

 


「ただ人の成功をねたんでいるだけでは、
 生きている価値がありません。
 そして、成功イコール幸せでもないもんよ。
 そう、自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかないのよ。」

幸せの定義ってとても難しいですし、
一概にコレと決められるものでもありません。

ただ、名声や地位や高収入などが
幸せと結び付けられることが多い今の世の中、
本当の幸せの価値はどこにあるかということを
深く問う言葉だと感じます。

幾ら偉い肩書を持っていたとして人がそれを羨むとしても、
自分がそう感じなければ幸せなんかじゃないですもんね。

こう断言できるマツコ・デラックスは、
今がとっても自然体で幸せなんだろうなと感じました。

 

 われ思う

これまでにも、独特な持論を展開するコラムニストは
たくさんいましたが、マツコ・デラックスは
激しいトークをして時にバッサリ切り捨てることがあるにしても、
万人に受け入れられる珍しいタイプの人だと感じます。

あの威圧感を差し引いたとしても、
なぜか違う意見を持っていたとしても
「そういう風にも言えるかも」
すっと心に入ってくる言葉を持っていますね。

それは多分、人生の中で浮き沈みをたくさん経験し、
辛いことや差別的なことを乗り越えてきたからこそ、
深く厚みのある言葉になって届くからなんだと思います。

マツコ・デラックスは、もしかしたら
現代版マザー・テレサのようになるのではないかと感じました。

 

 【まとめ】

・マツコデラックスの名言は、人生の浮き沈みをたくさん経験したところから
 生み出された深い言葉が多い。
・マツコ・デラックスは、もしかしたら現代版マザー・テレサ?

 

Sponsored by Google

コメントを残す