フォーチュンクッキーとは?【驚きの由来】

Sponsored by Google

クッキー

最近有名女性グループが、
曲のタイトルにしたことで注目を浴びた、
フォーチュンクッキー。

この曲は様々な場所で使用されていて、
まさに大ヒット曲と言っても過言ではないでしょう。

ですが、フォーチュンクッキー自体、
知っている人は多くはないはずです。

まさに意味が分からず口ずさんでしまっている人に
筆者も入っていました。

フォーチュンクッキーとは何なのか?
語源や発祥地、由来などをお伝えしたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■フォーチュンクッキーの発祥地・由来
■フォーチュンクッキーの作り方

 

 フォーチュンクッキーの発祥地・由来

このフォーチュンクッキーは、
主にアメリカの中国料理店にて
食後に提供されるようです。

では、アメリカで食べられるなら
アメリカのお菓子と勘違いしてしまいがちですが、
当のアメリカ人の方々は、
中国のお菓子だと信じてるのが多数です。

中国料理店で出されるものなら、
確かに中国のお菓子だと思いますが、
それも不正解です。

本当の発祥地は日本の北治地方にて、
新年の祝いに神社で配られていた
辻占煎餅が起源だと言われています。

いぶり餅

 

ではなぜこうもねじ曲がって伝わってしまったのか?

それはアメリカの地に辻占煎餅を持っていった
一人の日系人から始まりました。

名前は萩原真さん。
彼は1894年の国際博覧会にて、この煎餅の形状を変えたものを、
米国人に配ったと伝えられています。

そのまま順当にいけば、
フォーチュンクッキーの伝道師として、
語り継がれることになったはずですが、
第二次世界大戦中に日系人は収容される
という悲劇が起こりました。

権利を取得していればよかったのに、
それをしなかった為に、中国系移民に生産が移った為、
中国発症として伝わってしまったということですね。

こんなにストーリー性のある、
発祥地や由来があることに大変驚きですね。

 

 フォーチュンクッキーの作り方

基本的なレシピは以下の通りです。

粉砂糖:35g
卵白:1ケ
薄力粉:20g
溶かしバター:15g
バニラエッセンス:お好み

 

 まずは間に挟むおみくじ(好きな言葉)を書いた紙を用意。

 薄力粉は振るい細かくする。卵白に砂糖を加えよくかき混ぜる。

 .薄力粉と溶かしバターを加え(この時、お好みでバニラエッセンスを加える)
     180度でオーブンを予熱。

 生地をクッキングペーパーを敷いた天板上で直径8cmくらいに薄く広げる。

 焼きあがったら直ぐにおみくじを挟み、折り曲げる。そして完成。

 

このように米国人むけにクッキーを採用された
フォーチュンクッキーですが、
日本の辻占煎餅では、ゴマとみそ味だったようです。

フォーチュンクッキーにも興味は湧きますが、
辻占煎餅にも興味が湧きましたね。

是非両方とも食してみたいものです。

 

 【まとめ】

・フォーチュンクッキーは日本発症のお菓子だった。
・日系人がアメリカに持っていったのが始まり。
・フォーチュンクッキーは簡単に作成でき、
 辻占煎餅のときはゴマ味と味噌味だった。

 

Sponsored by Google

コメントを残す