喪中の場合の初詣 注意しないといけないことは?

Sponsored by Google

新しい年を迎え、目標を立てたり
やる気をみなぎらせている人も多いのではないでしょうか?

初詣

そんな時是非行っておきたいのが初詣。
仏閣はパワースポットでもありますし、
1年の始まりに行っておきたい人もいるでしょう。

しかし喪中の場合は初詣に行ってはいけないと聞いたことはありませんか?
年賀状は有名な話ですが、初詣は本当に行ってはいけないのでしょうか?

今回は喪中の場合の初詣について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■喪中の場合の初詣 行ってはいけない?
■喪中の場合の初詣 注意しないといけないことは?

 

喪中の場合の初詣 行ってはいけない?

喪中の人の場合、お参りは避けるように…等と
多くの本に書かれていますがそれは間違いです。

正確には神社は避けた方が良く、
お寺は参拝してもOK
とされています。

お寺

初詣と言えば神社じゃないの?
と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
浅草の浅草寺を初めとし、初詣をお寺で行う方も
多数いらっしゃるのです。

 

ではなぜお寺はOKで、神社はダメなのか?
それは神社とお寺では「死」に対する考え方が
違うからだとされています。

神社では死を「穢れ(けがれ)」と考えており、
その為に社の中では葬儀を行うことができません。

この穢れは、汚れという意味ではなく「気枯れ」と言って
身内の死で悲しみ気力が無くなってしまっている状態のことを指します。

この穢れは伝染すると言われており、
穢れている間は鳥居をくぐることは良くないとされています。

一方お寺は本殿を使って葬儀を行ったり、
死とは切っては切れない関係にあります。

喪中であろうとなかろうと、むしろ大切な人を失った時だからこそ
手を合わせることは悪いことではありません。

 

喪中の場合の初詣 注意しないといけないことは?

喪中の場合、神社へは初詣に行ってはいけないと書きましたが
1年間ずっと行ってはいけないと言うことではありません。

それは「忌中」という言葉に関係しています。
「忌中」とは先ほど書いた穢れている時期のことで、
これは最大で50日間で、実の母や父が亡くなった時だけとされています。

「喪中」は1年間ずっと続くものですが、
「忌中」はこの期間だけのものですから
これが明けた後は初詣に行っても構わないとされているのです。

 

ですがもちろんお祭り騒ぎをしたり、
騒いだりすることは良くありません。

また地域や家庭によって取り決めがあったりするので、
一概に忌中が明けたから大丈夫だとは言い切れないこともあります。

喪中の場合で初詣に行くときは、親族の年長者やお寺などに
確認されるのが良いと思います。

 

如何でしたか?
喪中だからと行って初詣を我慢していた人も、
「忌中」でなければ行って大丈夫な場合が多いです。

我慢していたのなら勿体ないことですから、新年の行事として
初詣に行ってみるのは如何でしょうか?

 

 【まとめ】

・喪中の場合はお寺であれば初詣に行っても大丈夫なことが多い。
・神社であっても「忌中」期間が明けていれば
初詣に行っても良いとされている。
・地域や家庭によっても差があるので、
行く場合は親族の年長者や神社やお寺などに確認しよう。

Sponsored by Google

コメントを残す