がに股の治し方【原因、弊害は?】

Sponsored by Google

蟹股

痩せたい、美人になりたい、
もう少し身長がほしい……

容姿に関しては誰にでも
何かしらのコンプレックスが
あるのではないかと思いますが、
実際に克服できるコンプレックスって、
残念ながらそう多くはありませんよね。

かく言う筆者も、目を大きくしたい、
鼻を高くしたい、歯並びを直したいなど
たくさんのコンプレックスを抱えていますが、
やはり理想が現実になる気配はありません。

そんな筆者ですが、
最近ようやくコンプレックスの一つであった
がに股を解消致しました。

やはりがに股はどんな美人でも
惜しい感じにみえてしまいますし、
さまざまな弊害もありますから、
可能なかぎり治したいものではありますよね。

そこで今回は、
がに股の原因や弊害、治し方などを
紹介していきたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■がに股の原因、弊害は?
■がに股の治し方とは?

 

 がに股の原因、弊害は?

がに股や内股は、筋肉の量や質
大きく関係しているといいます。

筋肉が足りていないと、
足はがに股か内股の
どちらかに寄ってしまうのだとか。

がに股の場合、足の外側の筋肉が強く、
内側の筋肉が弱い
といわれていますね。

若い女性の場合、ダイエットのしすぎで
筋肉が衰え、それによって
がに股になることが多いようです。

つまり、がに股の人は歩き方が美しい人に比べ
足の筋肉が弱いということになります。

更に、がに股は見た目が美しくないだけでなく、
太りやすくなってしまったり、
腰痛や冷え性の原因となるなど、
さまざまな弊害もあるようです。

 

 がに股の治し方とは?

一般的な方法としては、外側が厚く、
内側が薄くなっているインヒールを
靴の中に入れること
ですね。

内側に体重がかかることで筋肉が鍛えられ、
バランスがとれるようになっていくというわけですね。
筋トレももちろん効果的です。

 

ただ、がに股歴が長い場合、
すでに骨格そのものが歪んでしまっていて、
鍛えるだけではどうしようもないこともあります。

その際はやはり、整体や整骨院などで
歪みを解消してもらうこと

最重要になると思います。

筆者も骨格がかなり歪んでしまっていて、
何度も整骨院に通院してようやく歪みを解消し、
そこから筋トレをするという
地道な努力を続けました。

最初は痛くてつらいですが、
ある程度改善してくるとかなり楽になりますので、
まずは挫けず続けてみることが
大事ではないでしょうか。

 

 【まとめ】

・がに股は筋肉の衰えにより起こり、骨格が歪んで
太りやすくなったり冷え性や腰痛の原因にもなる。
・矯正用のインヒールや筋トレで足の内側の
筋肉を鍛えることによりある程度改善が可能。

 

Sponsored by Google

コメントを残す