子供の風邪は自然治癒で治せるのか?【様子見の期間は?】

Sponsored by Google

この時期は風邪やインフルエンザが流行し、
何かと体調に気をつけないといけませんよね。

風邪

ですが子供は気を付けていても風邪を引きやすかったり、
幼稚園や保育園などで病気をもらってきてしまうことがあります。

特に小さなお子さんをお持ちの親御さんは、
ちょっとした風邪でも心配になるもの。

けれどちょっとした風邪で病院につれて行き、
逆にインフルエンザなどのウィルスや菌を
もらってきてしまうこともあります。
それに本来人間には自然治癒力という力があるはず。

そこで今回は子供の風邪は自然治癒で治せるのか?
ということについて調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■子供の風邪は自然治癒で治せるのか?
■子供の風邪を自然治癒で治す方法【様子見の期間は?】

 

子供の風邪は自然治癒で治せるのか?

子供が鼻水を出している、もしかして風邪ひいた…?
なんて、不安になってはいませんか?

実は子供の身体はもともと水分量が多く、
気温差などちょっとしたことで良く鼻水を出します。

季節の変わり目などにはいつも鼻水が出っ放し、
なんて子もいるようです。

もちろん風邪で鼻水が出ている場合もあるでしょうが、
慌てて風邪薬を飲ませたりするのは逆効果です。

 

実は「風邪を治す薬を開発出来たらノーベル賞がもらえる」
と言われているほどで、現在ある薬は風邪を根本的に治すものではなく、
咳などの風邪の症状を和らげるものです。

咳や鼻水は本来、ウィルスや菌を
体の中から出そうとして起きる反応です。
それらを妨げることによって、逆に治りが悪くなることもあります。

子供は風邪を引いてそれを自力で治すことで
抵抗力をつけていきます。

むやみに風邪薬を飲ませることは、
その自然治癒力の成長を妨げてしまうことにも繋がるのです。

 

また熱が出ている時も、
体温ではなく様子で判断するようにしましょう。

もともと子供は平熱が高く、
通常時で37度台という子もいます。

大人の38度はかなり苦しいですが、
子供にとっては微熱程度という場合もあります。

熱が出ていても食欲があったり、
それほど苦しそうでなければ様子を見ましょう。

食欲がなかったり、ぐったりした様子がなかったりすれば
1週間ほどで回復します。

それでも不安な時は、一度病院へ連れて行き
「あまり薬を飲ませたくない」という方針を伝えれば
必要以外の薬は出さないように配慮してくれるはずです。

また6か月以下の子供の発熱は危険を伴うことがあるので、
その場合はきちんと病院を受診するようにしましょう。

 

子供の風邪を自然治癒で治す方法【様子見の期間は?】

風邪かな?と思ったら、
まずは2~3日様子を見ましょう。

先ほども書いた通り、ただの風邪であれば
子供の自然治癒力を引き出してあげることも大切です。

 

子供が咳き込んで苦しそうな時は、
まずは部屋の湿度を上げましょう。

空気が乾燥していると咳が出やすくなるので、
濡れタオルを室内に干すなどすると良いです。

 

また部屋の空気を綺麗に保ち、
時々窓を開けて換気することも忘れずに。

換気

 

水分をあげてのどを湿らせるようにし、
食事はのど越しの良い物を与えるようにして下さい。

熱が出ている場合は、普段より一枚脱がせたり
薄めの布団で熱を逃がしてあげるとよいです。

子供は大人と違ってたくさん着込んだりすることによって
汗の量が増えることはありません。

逆に熱が体内にこもってしまい、
熱が上がる原因となります。

汗をかいている場合はこまめに拭いたり、
着替えさせるようにしてください。
この時は水分補給をしっかりとさせることも忘れずに。

冷やす時は脇の下や足の付け根など血管が集まっているところ
冷やしてあげるようにして下さい。

 

 【まとめ】

・子供の風邪は自然治癒で治る、風邪を引いて
自力で治すことで抵抗力のある子供に育つ。
・風邪薬は症状を長引かせることも、
熱で判断するのではなくまずは様子を見ること。

Sponsored by Google

コメントを残す