眼ヨガ 効果的な方法とは?

Sponsored by Google

仕事で長時間パソコンを使用していると、
目の疲れを感じることはありませんか?

眼精疲労

目が乾いたり、ショボショボしたりするのも
疲れが原因だと言われています。

そんな眼の疲れに効くと言われ
現在注目されているのが「眼ヨガ」です。

ヨガと言えば様々なポーズをとるエクササイズですが、
眼のヨガって一体どんなことをするのでしょうか?

そこで今回は「眼ヨガ」について調べてみることにしました。
最近眼の疲れを感じている方がいらっしゃいましたら、
是非とも参考にしてみて下さいね。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■眼ヨガとは?
■眼ヨガ 効果的な方法とは?

 

眼ヨガとは?

眼ヨガと言っても眼をギョロギョロさせたり、
直接眼に何かをするようなものではありません。

ヨガとは本来筋肉の疲れを癒すために
ポーズをとるエクササイズです。

それと同じように眼の疲れをとるポーズもあり、
体のバランスを整えることによって
視界が明るくなったり、コントラストが
ハッキリしたりする効果を得ることができます。

眼の疲れを放っておくと頭痛の原因にもなりますから、
一刻も早く解消しておきたいものです。

 

眼ヨガ 効果的な方法とは?

それでは眼の疲れに効くヨガのポーズを紹介します。

 

まずはくつろぎのポーズです。
モナリザの微笑みをイメージし、
仰向けに全身の力を抜いてリラックスしましょう。

手と足を息を吐くときに少しずつ広げ、
30度くらいで保ちましょう。

緊張が緩み、血行が促進し、
疲労回復に効果があります。

 

次は浮きコブラのポーズをやってみましょう。

浮きコブラ

うつ伏せになり、手を胸の前に置きます。
そこから深く息を吸い、同時に上半身を反らせ起き上がりましょう。

息を吐きながら目と顔を横に向けます。
反対側も同じように行います。

頸椎のバランスが矯正され、
眼の疲れをとることができます。

 

これらは自宅にいる時にできるヨガ方法ですが、
次は職場でも簡単にできる眼ヨガを紹介します。

まず両手の手のひらをこすり温めます。
次に手を軽く丸め、お椀型にし、そのまま両目を覆います。
その際は手のひらの中心が眼球の上になるようにしましょう。

ゆっくりと鼻から息を吸い、
手のぬくもりを目から吸うイメージを持ちます。

息を吐くときは口から疲れを出すイメージを持ちましょう。
これを10回ほど繰り返すと眼の疲れがとれスッキリします。

 

如何でしたか?
今回は自宅でできる全身のヨガと、
職場でできるものをご紹介しました。

眼の疲れを感じた時は是非とも実践してみてくださいね。

 

 【まとめ】

・眼ヨガとはヨガで身体のバランスを整え、
眼の疲れをとる効果のあるポーズのこと。
・くつろぎのポーズ、浮きコブラのポーズが眼の疲れをとるのに効果的。
・職場では手のひらを使って眼を温めるポーズを行うと良い。

Sponsored by Google

コメントを残す