重層で歯磨き 効果的なやり方とは?

Sponsored by Google

芸能人は歯が命と言いますが、
歯が綺麗な人は美しく見えるものです。

歯

コーヒーやワインなどの着色汚れや、タバコのヤニなど
歯の汚れや黄ばみを気にしている人も多いのではないでしょうか?

歯のホワイトニングに通うにはお金がかかるし、
歯に負担がかかるとも言われています。

そんな中で最近注目されているのが、
重層で歯を磨くというやり方。

重層はスーパーやドラックストアなどで簡単に手に入りますし、
実践してみたいという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は重層を使った歯磨きについて
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■重層で歯磨き その効果とは?
■重層で歯磨き 効果的なやり方とは?

 

重層で歯磨き その効果とは?

重層は弱アルカリ性で研磨作用がある為、
歯磨き粉の代わりとして使うことができます。

しかも使い続けていくうちに歯が白くなり、
歯垢の除去や口臭予防などの効果があるとされています。

 

また虫歯菌は酸性な為、アルカリ性の重層を使って
歯を磨くことで中和され、虫歯を予防することができるとも言われています。

ただし塩分が含まれている為、
病気などで塩分が制限されている人は使用できない他、
やりすぎると歯を痛めたり歯茎を傷めてしまう危険性もあります。

心配な方は1日のうち1度だけ重層で歯を磨き、
あとは重層を水で薄めたものでうがいをするだけでも効果的。
使用する重層は必ず食用の物を使うようにして下さい。

 

重層で歯磨き 効果的なやり方とは?

重層で歯を磨く際は、重層と植物グリセリンを
2:1の割合で混ぜた手作りの歯磨き粉
を使用しましょう。

添加物や保存料が入っていない為、長期保存ができないので、
すぐに使い切れるよう少量ずつ作った方が良いです。

 

また重層は塩分が多くあまり美味しいとは言えないので、
好みでミントなどを加えている方もいるようです。

歯を磨く際は柔らかめの歯ブラシを使い、
優しく丁寧に磨くようにしましょう。

研磨作用がある為、あまり強くゴシゴシしてしまうと
歯を傷つけてしまう原因となります。
力を入れずに隅々まで磨くようにしてください。

 

また使用頻度は1週間のうち3~4回が良いとされており、
あまり頻繁に行うのは返って逆効果だと言われています。

歯磨きで使う分の重層が体内に入ってしまっても
特に害はありません。

ただし塩分が気になる方は
誤って飲み込んでしまわないように気を付け、
水でしっかりと口の中をすすぐようにしてくださいね。

 

如何でしたか?
意外と簡単にできてしまう重層歯磨き。
歯が白くなるならちょっと興味がありますよね。
今年は重層歯磨きを行って、一緒に白い歯を手に入れましょう。

 

 【まとめ】

・重層歯磨きの効果は歯が白くなる、
口臭予防、虫歯予防など。
・重層歯磨き粉の作り方は重層と植物グリセリンを
2:1の割合で混ぜるだけ。
・頻度は1週間に3~4回がベストだと言われている。

Sponsored by Google

コメントを残す