夜ヨーグルトの効果とは?【食べるタイミングは?】

Sponsored by Google

健康食品として知られるヨーグルトですが、
一時のブームだけではなく
今も根強く食べられている食品だと言えるでしょう。

ヨーグルト

スーパーやコンビニに行けば必ず売られていますし、
買っている人を良く目にすることもあります。

実際、我が家でもヨーグルトは
常に冷蔵庫に入っている食品の一つで、
特に母が好んで食べているようです。

実はヨーグルトは朝食べるよりも
夜食べた方が身体に良いということを
皆さんはご存知でしたか?

どちらかと言えば朝食のイメージが強いヨーグルトですが、
本当に夜食べることでさらにその効果が高まるのでしょうか?

今回はヨーグルトを食べるタイミングについて
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■夜ヨーグルトの効果とは?【食べるタイミングは?】
■効果的なヨーグルトの食べ方とは?

 

夜ヨーグルトの効果とは?【食べるタイミングは?】

ヨーグルトと言えば牛乳に乳酸菌が含まれた発酵食品ですが、
このヨーグルトに含まれる乳酸菌は身体にとって
良い働きをする「善玉菌」として知られ
腸内環境を整え便秘などを防いでくれると言われています。

そんなヨーグルトを食べる時は
目的別にタイミングがあるようです。

 

まず便秘解消を目的とするならば
食後が良いとされています。

その理由は食後は胃酸が薄まっている為、
乳酸菌がそのまま腸に辿り着きやすいからだとか。

 

またダイエットが目的の場合は
食前に食べるようにしましょう。

食前にヨーグルトを食べることでお腹がふくれ、
食事の量を減らすことができます。

 

更には腸の働きが活発になる22時~2時の間は
「腸のゴールデンタイム」と呼ばれ、
この時間に合わせてヨーグルトを食べることで、
腸内環境を整えることができます。

そうすることで美容やダイエットに
効果があるとされています。

 

効果的なヨーグルトの食べ方とは?

夜ヨーグルトを効果的に食べたい場合は、
腸のゴールデンタイムに合わせ、
夕食後に200グラムを目安にヨーグルトを食べましょう。

この時カロリーを考えると砂糖を加えない
プレーンタイプを選んだ方が良いでしょう。

かなりお腹にたまるので、
その分夕食を少なめにすると良いです。

できれば就寝の3時間前に食事をすますことも
ポイントの一つです。

 

また体が冷えると代謝が落ちるので、
ヨーグルトを温めて食べるのも効果を高める方法の一つです。

耐熱カップにヨーグルト100ml、
蜂蜜またはメープルシロップ大1、お水大1を入れて混ぜ、
電子レンジで1分程加熱しましょう。

温めたヨーグルトを食べた方がお腹を壊しにくく、
蜂蜜の美容効果も合わせて期待することができます。

 

如何でしたか?
これ以外でもヨーグルトを使用したスイーツなどもありますし、
カロリーを抑えたいけれど甘い物も食べたい!
という時に食べるのも良いでしょう。

夜ヨーグルトを食べて美容と健康を
手にいれたいものですね。

 

 【まとめ】

・便秘解消は食後、ダイエットは食前とヨーグルトは
目的別に摂取すると良い。
・夜は腸のゴールデンタイムと呼ばれ、
その時間に食べると腸内環境を整えることができる。
・ダイエットが目的の場合はヨーグルトを温めて食べることも効果的。

Sponsored by Google

コメントを残す