筋トレで瞬発力を鍛える方法とは?

Sponsored by Google

突然ですが、皆さんは筋肉トレーニングなどに
興味がおありでしょうか?

筋肉トレーニング

筆者には少し歳の離れた兄がいるのですが、
昔から兄はスリム体型で
どちらかと言えばぽっちゃり気味の筆者…
という感じで、昔から兄には良く
「おデブちゃん」とからかわれたものです。

そんな兄も30を過ぎたあたりから体型が崩れ、
筆者は逆に痩せていき、気付けば「おデブお兄ちゃん」と
筆者がからかうようになりました(笑)

兄も自分でまずいと思ったのか、それからジムなどに通うようになり
いつしか筋トレが趣味の筋肉バカに…

久しぶりに会うと「清原?!」と思うほど
別人のムキムキ体型になっていてびっくり。

何もそこまで…と思うものの、
体を鍛えるというのは良いことですからね。
筆者も少し見習おうかと思っています^^

けれど兄のようにムッキムキになってしまうと逆に体が重そうだし、
洋服のサイズもだいぶ変わってしまいそう。

そこで筆者は筋トレで「瞬発力」を付ける
ということに着目することにしました。

朝通勤電車の扉が目の前で閉まってしまったり、
ここで走れれば!と思うことってありませんか?

今回は筋トレで瞬発力をつける方法について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■筋肉には種類がある?
■筋トレで瞬発力を鍛える方法とは?

 

筋肉には種類がある?

身体を鍛えると言っても
様々なトレーニング方法がありますよね。

器具

それにスポーツ選手を見ていても
筋肉の付き方に違いがあったりします。

自分がどのように身体を鍛えたいか、
スポーツをするのであれば
どのスポーツにその力を生かしたいかで
鍛え方などが変わってくるものです。

 

また意外と知られていないのが筋肉には
種類があるということ。
それは「パワー型(速筋)」と「スタミナ型(遅筋)」

パワー型とは瞬間的に大きな力や
スピードが出せるけれど、持久力がない筋肉で
スタミナ型は瞬発力はないけれど持久力がある、
という筋肉です。

これはどちらも私たちの身体の中に存在しているものですが、
その割合は遺伝などの理由で生まれた時から決まっているそう。

トレーニングなどで強化することは可能でも、
その割合を変えることはできません。

また速筋は鍛えると1本1本が太くなるのに対し、
遅筋は鍛えても太くなりにくいと言われています。
ですからマラソン選手などは細い筋肉をしているのです。

 

筋トレで瞬発力を鍛える方法とは?

速筋と遅筋の割合は変えられないことが分かりましたが、
何も今からオリンピックを目指す訳ではありません(笑)

ですから例えばあなたがスタミナ型の体質をしていたとしても、
ある程度、瞬発力を鍛えることは可能です。

逆を言えば自分に向いていない筋肉トレーニングをすることで
弱点を克服できるとも言えます。

 

では瞬発力を鍛える為には
どんなトレーニングをすれば良いのでしょうか?

それは一般的なダンベル運動や腕立て伏せなどの
トレーニングで大体はOKです。

ダンベル

目に見えて鍛えられる筋肉こそが速筋であり、
パワー型の筋肉。
ですからそれを鍛えることで瞬発力は間違いなく付きます。

 

ただ瞬発力のみをフューチャーして鍛えるならば、
「両脚キックジャンプ」が効果的です。

まず肩幅くらいに足を開き、そこから足を揃えた状態で
お尻をキックするようにジャンプします。

正確に真っ直ぐジャンプできるように意識し、
それを繰り返します。

着地する時は膝を軽く曲げて負担がかからないようにしましょう。
これを30秒間連続で繰り返し、3セットほど行うと良いそう。

日常生活でのちょっとしたダッシュであるとか、
そういう意味での瞬発力はこの方法で十分鍛えることができるようです。
もちろんこれ以外にもバランスよくトレーニングすると尚良いでしょう。

 

 【まとめ】

・筋肉には「パワー型」と「スタミナ型」があり、
その割合は生まれた時から決まっている。
・筋肉の割合は変えられないがトレーニングで鍛えることはできる。
・瞬発力を鍛えたいなら「両脚キックジャンプ」がおススメ。

Sponsored by Google

コメントを残す