脂肪肝の改善方法 効果的なものは?

Sponsored by Google

筆者の会社には元「関取」の男の子がいます。
さすが相撲部屋にいただけあって、その体の大きいこと大きいこと。

飲み会でもたくさん食べるし、愛されキャラで
「ごっつぁんです!」と言ってはいつも周りを楽しませてくれます。

大食い

しかし現在はただの会社員ですから
特別運動をしている訳でもなく…
そのくせ食べる量は昔と変わらないから、
入社時よりも大きくなっているような(笑)

去年健康診断があった時もレントゲン撮影で、
「体が分厚すぎる」と言われ、
裸で撮影させられていたのを知ってびっくりしました。

その時は大笑いしたのですが、
健康診断の結果はやはり残念なもの。

「僕、脂肪肝らしいんです」なんて言っていましたが、
こちらとしては「やっぱり」と言う気持ちです。

「心配だから、ちょっと節制しよう!」と言ってみましたが、
本人は意に介さない様子…

面倒なことが苦手で食べることが大好きな彼ですから、
我慢するのが嫌なのかも知れません。

そこで今回は脂肪肝を改善する為に効果的なものを調べてみることにしました。
最低限の我慢で彼を救う手立てはあるのでしょうか?

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■脂肪肝とは?
■脂肪肝の改善方法 効果的なものは?

 

脂肪肝とは?

脂肪肝の原因は食べ過ぎや飲み過ぎなどの生活習慣
通常食事で摂った脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、
肝臓に送られます。

ですが糖分や脂質を摂りすぎたり、アルコールを飲み過ぎると、
肝臓に送られる脂肪酸が増え、それが中性脂肪となってたまります。

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満となりますが、
肝臓にたまると脂肪肝と呼ばれます。

つまり脂肪肝とは、肝臓がフォアグラのような状態になった…
と言えば、わかりやすいかもしれませんね。

 

健康な肝臓でも3~5%の脂肪を含んでいますが、
5%を超えると脂肪肝です。

男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しており、
男性の方が多いと言われています。

アルコール性の脂肪肝の場合は、
放っておくと肝硬変に進むこともあり危険です。

酒

また自覚症状が無く、検査などで判明することが殆どです。
稀にアルコールを飲まないのに脂肪肝になるNASHなどの場合もあります。

 

脂肪肝の改善方法 効果的なものは?

脂肪肝の原因は食べ過ぎや飲み過ぎですから、
一番の改善はその原因を絶つこと。
ダイエットやアルコールの制限が一番の改善法だと言えます。

また適度な運動も必要になりますから、
大幅な生活習慣の見直しが必要かも知れません。

しかし筆者の同僚のように「我慢したくない」という人も多いでしょうし、
そんなことができるなら脂肪肝になんかなっていない!と思う方もいるでしょう。

そんな時はサプリメントを摂取するのも一つの手です。
実は脂肪肝にはタウリンが効果的だと言われています。

 

肝臓から分泌される胆汁酸には、
コレステロールを排泄させる働きがあります。

タウリンをを摂取するとその胆汁酸の分泌が増え、
血液中のコレステロール値が下がると言われています。

 

またタウリンはアルコールの分解を早め、
肝臓への負担を軽くしてくれます。

特にカキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を
肝臓の外に出してくれる働きもあります。

毎日カキを食べることは難しいですが、
サプリメントなら手軽に取ることができますよね。

ネットやドラッグストアで簡単に手にいれることができますし、
飲むだけなので毎日続けられると思います。

もちろんサプリメントだけに頼って
生活を一つも変えなければ意味がありませんが、
ちょっと我慢して+αとしてサプリメントを摂取してみましょう。

また定期的に検査を受けて
肝臓の数値を測っておくのも大切です。

 

 【まとめ】

・脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が5%以上溜まった状態。
・原因は食べ過ぎや飲み過ぎの生活習慣、アルコールなど。
・ダイエットやアルコールの制限が一番の改善法。
難しければタウリンのサプリメントを摂取すること。

Sponsored by Google

コメントを残す