背中のコリを取る方法 自分でできるやり方とは?

Sponsored by Google

筆者の家は寝室に暖房がついていないのですが、
冷え性なせいか、夜寝る時に冷え切った布団に入る時は
かなり憂うつです(笑)

冷え

寒いところで寝るせいか、最近起きたら体が痛いことが多くて、
特に背中の痛みに悩まされています。

肩こりも酷いほうなので、
プラスで背中まで凝ってしまうとかなりの地獄。

マッサージやカイロプラクティックなども検討していますが、
いかんせん金銭的なことを考えると何度も通っていられないし…

自分で背中のコリを取る方法はないものか?ということで、
ちょっと調べてみることにしました。

同じ悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、
是非とも参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■背中のコリの原因とは?
■背中のコリを取る方法 自分でできるやり方とは?

 

背中のコリの原因とは?

とても辛い背中のコリですが、
その原因は過度の運動や運動不足
悪い姿勢やずっと同じ姿勢でい続ける
背中の冷えや背中や腰回りの筋肉不足だと言われています。

背中の筋肉は重い物を持ったり、
前かがみなったりなどの動作で特に負担がかかります。

過度の運動などで筋肉痛などになったり、
普段、運動不足で筋肉量が少ない人は筋肉疲労を起こしやすくなります。

 

また同じ姿勢でい続けると血行不良を引き起こし、
冷えもそれを促進させます。

その結果、背中のコリを引き起こし、辛い痛みを伴うのです。
肩コリの延長で背中のコリを引き起こすこともあります。

 

背中のコリを取る方法 自分でできるやり方とは?

背中をマッサージしてもらうと気持ちが良いですし、
コリも解消できるでしょう。

しかし自分で背中をマッサージすることは
なかなかできませんよね。

そんな時自分でできる方法として
効果的なのがストレッチです。

ストレッチ

まずは右ひじに左手を添えて、グッと左側に伸ばしましょう。
反対側も同じように行ったら、両手の指を組んで
背中の筋肉を伸ばすイメージで体の前に伸ばしていきます。

このストレッチを行うと背中の筋肉がピーンと伸びる感覚がして、
直後には体が楽になっていることを実感できると思います。

また猫背など悪い姿勢が原因で背中が凝っている人は、
仰向けの状態で背中の下に枕や丸めたタオルなどを置き、
そこを支点に背中をグッと反らせていきましょう。

この時両膝は立てた状態にして、
30秒~2分ほど行います。

続けていくと猫背も改善され、
背中のコリを根本から解決してくれます。

 

この2つのストレッチを続けるだけでもかなり効果があります。

一緒に背中のストレッチを実践して、
煩わしい背中のコリから解放されてみませんか?

 

 【まとめ】

・背中のコリの原因は筋肉疲労や血行不良、冷えなどが原因。
・背中のコリを自分で取るには筋肉ストレッチが効果的。

Sponsored by Google

コメントを残す