あめのみなかぬしさま と祈る効果は?

Sponsored by Google

最近知人に進められて自己啓発本を良く読んでいます。

本

以前の筆者はその手の類のものを「宗教の勧誘」もしくは、
「強欲な人間が読むもの」だと
偏見の目で見ていたところがありました。

もしかすると皆さんの中にも
そんな気持ちを持っている方がいらっしゃるかも知れません。

ですが一つ困難にぶつかったとき、
二つ三つとその困難が重なる時ってありませんか?

筆者もその経験をした時になんでも良いからすがりたい、
この状況を打開できるキッカケが欲しいと心の底から思ったものです。

そんな時に進められたのが自己啓発本。
実際本を手に取って読んでみると思っていたような偏見とは違い、
前向きに人生を歩んでいく手助けをしてくれるツールであると感じました。

何よりも「強欲」であることの何がいけないのだろう
とも感じるようになったのです。

だって一度きりしかない自分の人生ですから、
できれば思い通りにそうはならなくとも
幸せな方向へ向かいたいと思うのは本望ではないでしょうか。

そこで今回はそんな自己啓発本の中で出会った言葉、
「あめのみなかぬしさま」について注目してみることにしました。

聞き慣れない言葉ですが、とてもすごいパワーを秘めた言葉だそうですよ。
興味のある方がいらっしゃいましたら、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■言霊とは?
■あめのみなかぬしさま と祈る効果は?

 

言霊とは?

冒頭で紹介した「あめのみなかぬしさま」という言葉は、
自己啓発本で有名な「斎藤一人」さん
自書で紹介したお祈りの言葉です。

昔からこの言葉自体はあったようですが、
一人さんによって現代に広められたと言ってもよいでしょう。

筆者は斎藤一人さんの本を何冊か持っているのですが、
どの本の中でも紹介されているのが「言霊」の力です。

古くから言葉には力が宿ると言われており、
言ったことがその通りになるという意味です。

 

普段から「幸せだなぁ」と言っている人はその通り幸せになるし、
「ツイていないなぁ」とばかり言う人は不幸ばかり起こるそう。

確かに言われてみれば幸が薄い人はいつも
「自分はツイていない」と口癖のように
言っていることはありませんか?

「どうせ自分なんか」が口癖の人もそうです。
対して物事が上手くいっている人は
「毎日が楽しい」など前向きなことばかり
口にしているような気がします。

ですから「言葉を変えれば考え方も変わる」という
斎藤一人さんの言葉に何度もうなずいてしまった記憶があります。

 

あめのみなかぬしさま と祈る効果は?

言霊の素晴らしさが分かったところで、
今回紹介するのは「あめのみなかぬしさま」という
言葉の意味や効果について紹介していきましょう。

「あめのみなかぬしさま」とは「天之御中主神様」と書き、
古事記の中で天地開闢のときにはじめて出現した神と記されています。

これは宇宙創造の源と言われる神で、
宗教によっては「大日如来」、「ヤハウェ」、「アラー」
などとも言われています。

この神様に
「あめのみなかぬし様 お助けいただきまして ありがとうございます」
毎日感謝の言葉を伝えることで、本当に助けが出ると言われています。

 

大切なポイントは「過去形で言う」ということ。
「助けて下さい」などという言葉ではなく、
「助けてもらった」という言葉を口にすることで
言霊の「言ったことが本当になる」という作用を
効果的に発揮することができるのです。

嘘だと思っている方も毎日何度もこの言葉を唱えてみてください。
あなたの今の状況を打開する助けが現れてくれるかもしれません。

尚、宗教のように感じる方もいらっしゃるかも知れませんが
宗教の勧誘のようなものではなく、
ただ神様を信じるだけだと一人さんは良く仰っています。

 

 【まとめ】

・「あめのみなかぬしさま」とは宇宙創造の神とも呼ばれる
古くから伝わる神様。
・「あめのみなかぬし様 お助けいただきまして ありがとうございます」
と何度も唱えると良い。
・過去形で言うことにより「言霊」の効果を得ることができる。

Sponsored by Google

コメントを残す