車の静電気防止 効果的な方法は?【おすすめグッズは?】

Sponsored by Google

最近ではセルフ式のガソリンスタンドも増え、
ご自分で給油なさる方が多いかと思います。

ガソリン

その時、必ず給油機にあるのが静電気除去をするもの。
ただ手をタッチするだけの、アレです。

また最近ではキーレスリモコンが増えたお蔭で、
鍵を鍵穴に入れることが少なくなりましたが
以前は鍵穴に鍵を差し込んだ途端、
「バチッ」と身体に衝撃が走った経験をした方もいるでしょう。
このように車の運転と静電気は切っても切り離せない関係なのです。

そこで今回は車の静電気を防止する方法について
調べてみることにしました。
ドライバーの皆さんは是非とも参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■車の運転で静電気が溜まるのはなぜか?
■車の静電気防止 効果的な方法は?【おすすめグッズは?】

 

車の運転で静電気が溜まるのはなぜか?

車の運転をしているとシートと背もたれが摩擦します。
これは無意識のうちに起こることですし、
こすれないように運転するのは難しいと言えます。

夏場などの湿気の多い時期であれば
自然に空気中に放電されるのですが、
冬場などの乾燥が気になる時期になると
静電気が発生しやすくなってしまいます。

その為、鍵穴に鍵を差し込んだ時や、
ガソリンスタンドで給油する際などに放電してしまうことがあり
危険だと言われているのです。

 

車の静電気防止 効果的な方法は?【おすすめグッズは?】

まず簡単にできる方法としては、車を降りる時に
足を地面につける前の段階でボディの金属部分を触ると良いです。

金属部分を触ることで体内で不足したマイナスの電流が
ゆっくりと補われるのだそう。
だだし地面に足をつけてから触っても効果はありません。

 

次に湿ったハンカチ・タオルでボディを触るのも効果があります。
車の中にウェットティッシュなどを
常備しておくと良いかも知れません。

こちらも湿ったハンカチやタオルで
車のボディの金属部分に触りながら降りて下さい。

 

ですがどちらの方法も面倒だったり、
車から降りる時に意識しなければならない為
ついウッカリ忘れてしまうこともあるかも知れません。

そんな時便利なのが静電気を防止するキーホルダーです。

ガソリンスタンドにある静電気除去パッドと
同じ原理でできているもので、
電気を流しにくい樹脂のなかに
導電性のある素材を少し加えて作られているそうです。

触れるだけで静電気を除去してくれますし、
車のキーなどに付けておけるので
ついウッカリ忘れてしまうこともないでしょう。

手首につける静電気除去のゴムなどもありますが、
キーホルダーの方がずっと便利かも知れません。

車専門店やネットなどで気軽に購入することがありますから、
是非とも参考にしてみてください。

 

 【まとめ】

・車の運転で静電気が溜まるのは背中とシートが擦れるから、
特に冬場は静電気が発生しやすい。
・静電気を防止する時は降りる際、
地面に足を付ける前に車のボディに触ると良い。
・静電気を防止するのにおススメなのは静電気除去キーホルダー。

Sponsored by Google

コメントを残す