つやのある肌になるために気をつけることとは?

Sponsored by Google

若い頃は平気で徹夜をしたり、朝まで元気に遊んだり
ちょっとくらい無茶をしても全然平気でした。

けれど社会に出て、年齢を重ねるうちに「疲れ」というものが
身体に現れてくるようになった気がします。

特に顕著なのが顔にその疲れが出てしまうこと。

疲れ

夜更かしをすれば翌日の肌色はよろしくないですし、
肌のツヤというものも失われてしまします。

昔はあんなに平気だったのになーと思っても、
やはり年齢には勝てませんね…

そこで今回はつやのある肌になる為の方法について
調べてみることにしました。
いつまでも若々しくいたいですもんね^^

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■つやのある肌になる為にしてはいけないこと
■つやのある肌になる為の方法とは?

 

つやのある肌になる為にしてはいけないこと

つやつやとしていて、弾力のある肌はとても素敵です。
そんな肌になりたいのなら、まずは生活習慣から見直しましょう。

もしかするとちょっとした習慣が
美肌を遠ざけているかも知れないのです。

 

まず一番の大敵である睡眠不足や夜更かしを改善しましょう。

睡眠

睡眠不足になると肌のバリア機能が低下し、
乾燥しやすくなったり吹き出物などの原因となります。

 

また甘い物や脂っこいものが好きな方も要注意。

砂糖

ジュースなどの砂糖が大量に含まれている飲み物も危険です。

白砂糖は人口の添加物で、それを分解する為に
体の中のミネラルやビタミンが大量に消費されてしまうのです。

夏場などはついつい冷たいジュースに手を出してしまいがちですが、
グッと堪えて水やお茶などを飲むようにしましょう。

脂っこい食事が好きな方は、
血中の油分が増え皮脂が過剰に分泌されるようになります。

逆に油物を一切食べないと肌が乾燥しがちになります。
油は多すぎても少なすぎてもいけないのです。

 

つやのある肌になる為の方法とは?

睡眠不足や食事に気を使っても、イマイチ肌につやが出ない…
そんな時は顔をマッサージしてあげましょう。

マッサージ

のびの良いマッサージクリームを使って、
顔を優しくマッサージするだけです。

乾燥を防ぐことができますし、
みずみずしい肌を手に入れることができます。

頻度は人によりますが、週に2~3回ほど。
夜化粧を落とした後に行うと効果があるようです。

毎日行った方がつやが出るという人もいるので、実践してみて
自分に合った頻度を見つけることをおすすめします。

 

また女性は洗顔後に化粧水をつけると思いますが、
この時は手を使って優しく叩き込むようにしましょう。

手のぬくもりで化粧水が浸透し、
うるおいのある肌に導いてくれます。

その後美容液を塗り、乳液やクリームなどで
しっかりと蓋をすれば更に効果的です。

 

あとは洗顔や化粧水だけではなく、
表情筋をしっかりと動かすことも意識すること。

つやのある肌を手に入れる為には、
表面だけではなく内側から磨き上げることも大切です。

メイクをする際にパール入りの下地を選んだり、
ハイライトを取り入れることも
肌をつやつやに見せてくれる秘訣です。

ちょっと疲れが顔に出ているな…と感じたら、
一度試してみてくださいね。

 

 【まとめ】

・つやのある肌になるには、寝不足や食生活を見直す必要がある。
・顔のマッサージを行い、化粧水は叩き込むようにし、
美容液と乳液で仕上げると更に効果的。
・疲れが顔に出てしまった時はパール入りの下地などを使って
メイクを工夫しよう。

Sponsored by Google

コメントを残す