甘酒豆乳のシンプルな作り方とは?【効果のほどは?】

Sponsored by Google

健康食品として知られている豆乳
そしてこちらも健康食品の甘酒

甘酒

実はこの2つを合わせて飲むことが
注目されていることをご存知でしたか?

筆者は最近知ったのですが、手軽に作れて身体にも良いとあれば
試してみない手はない!ということで、
今回は甘酒豆乳について注目してみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■甘酒の豆乳のシンプルな作り方とは?
■甘酒豆乳の効果とは?

 

甘酒豆乳のシンプルな作り方とは?

甘酒豆乳が注目され始めたのは
女優の永作博美さんが飲んでいることが知られてから。

確かに永作博美さんって、一体何歳なの?と思うほど
若々しく可愛らしいですよね。

その作り方はとっても簡単、
豆乳と甘酒を1:1で混ぜるだけ。

甘酒が甘いので使用する豆乳は無調整のものの方が
甘すぎなくて良いようです。

また甘酒は麹のものと酒粕のものがありますが、
麹のものの方が糖分も少なく、またアルコール分が含まれていない為
おススメです。
温める時は沸騰しないように弱火でコトコトすることがポイントです。

 

豆乳甘酒の効果とは?

まず甘酒には美髪や美肌の効果があります。
また含まれているビタミンB群の効果で脂肪燃焼が期待でき、
ダイエットにも適しています。

ビタミン

夏バテの時に飲むと良いと言われているほど
疲労回復効果も期待することができます。
また食物繊維で便通も改善することができるのです。

 

一方の豆乳にもダイエット効果があることが知られています。
それ以外にも豆乳に含まれるイソフラボンには
女性ホルモンの働きをする効果があると言われており、
美肌や美髪を期待できるといわれています。
この2つを合わせて取ることで相乗効果を期待できるという訳です。

 

ですが豆乳を飲み過ぎてしまうと
逆に女性ホルモンのバランスが崩れてしまいますので、
1日に摂取する豆乳の量は200mlくらいまでに抑えるようにしましょう。

身体に良いものでも、摂り過ぎは良くありません。
また豆乳が苦手な人はココアを加えてみたり、バナナを加えてみたりなどと
アレンジしてみるのも良いかも知れませんね。

 

 【まとめ】

・豆乳甘酒とは豆乳と甘酒を1:1で混ぜるだけの簡単な飲み物。
・美肌や美髪、ダイエットなどの効果を期待することができる。
・豆乳は飲み過ぎると良くないので、1日に摂取する量は200mlほどにすると良い。

Sponsored by Google

コメントを残す