人間関係を断捨離する効果とは?

Sponsored by Google

皆さんは「断捨離」というと、物を捨てるとか
部屋の整理整頓をするというような意味合いを感じるかと思います。
(もちろん筆者もその一人です。)

整理

ですが現在、人間関係を「断捨離する」ということに
密かに注目が集まっているそう。

確かに人間関係で悩んでいる人は多いですし、
ストレスのほとんどの原因は人間関係である場合が多いです。

筆者の好きな映画に「そんな彼なら捨てちゃえば?」という作品があるのですが、
これはまさに恋愛における人間関係の断捨離が描かれていた気がします。

でも物と違って人間関係を整理するって難しそう…
そこで今回は人間関係を断捨離する方法やその効果について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■人間関係を断捨離する効果とは?
■人間関係を断捨離する方法とは?

 

人間関係を断捨離する効果とは?

断捨離とは
=入ってくる要らないものを絶つ
=家にずっとある要らないものを捨てる
=物への執着心から離れる
ことだとされております。

不要なものなどの数を減らし
生活や人生に調和をもたらそうとする生活術のことです。

 

この断捨離を人間関係に当てはめると、
不要な人との繋がりがなくなり、大切な人との繋がりを
大切にできる
というメリットがあります。

自分の気持ちに正直に生きることでストレスがなくなることが
最大のメリットと言えるかも知れません。

嫌味を言うママ友であったり、なかなか縁が切れない元恋人であったり…
皆さんも、この人を断捨離できたら…
という人が浮かんでくるかも知れません。

 

人間関係を断捨離する方法とは?

いざ人間関係を断捨離しようとしても
とても難しいことだと思います。

人は「他人に嫌われたくない」という気持ちが先立つため、
どうしても人間関係を断捨離することは難しくなってしまうもの。

断捨離した結果、友達が少なくなるのでは?と思ってしまったり、
共通の友人とも疎遠になってしまうのではないかと不安がつきまとうのも事実です。

 

けれどその人と付き合っていて自分に害が及ぶような場合は、
積極的に断捨離していった方が良いと思いませんか?

ゴミ

自分にプラスになる人間とだけ付き合え、という訳ではありません。
自分に害を与える人だけ断捨離すればよいのです。

「嫌だな」「この人といると疲れるな」と感じたら、
少し距離を置くようにしてみましょう。

 

また職場内やママ友などでどうしても顔を合わせなければならない時は、
接点を0にすることは非常に難しいと思います。

そんな時は6割くらいのお付き合いをしようと心がけることで、
人間関係の悩みを減らすことができます。

全ての人と密接な関係を築く必要はありません。
そう考えると、なんだか人間関係の断捨離もできそうな気がしてきますよね。

 

 【まとめ】

・人間関係の断捨離をすることでストレスが減り、
自分の気持ちに正直に生きることができる。
・自分に害を及ぼす人とだけ距離を置けばよい。
・職場などでそれが難しい場合は
6割くらいのお付き合いを心がけると楽になる。

Sponsored by Google

コメントを残す