インフルエンザなのに低体温 何が原因?

Sponsored by Google

インフルエンザが猛威を振るった季節は多少過ぎましたが、
それでもまだまだ注意が必要ですよね。

風邪

先日筆者の知人がインフルエンザにかかったのですが、
なんと熱がほとんど出なかったと言うのです。

調子が悪いな…という感覚で病院に行って、
念の為…と検査を受けたところ
インフルエンザだということが判明したそう。

そんなことってあるの?!とびっくりしてしまいましたが、
熱が出ないことは実は珍しくないそうなのです。

でも熱が出ないとタミフルは使えないだろうし、
一体どうやって治すの?
ということで今回はインフルエンザで熱が出ない場合について
調べてみることにしました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■インフルエンザなのに低体温 何が原因?
■熱がない時のインフルエンザの見分け方とは?

 

インフルエンザなのに低体温 何が原因?

インフルエンザの特徴と言えば
38度以上の急な高熱であることは誰もが知っていること。

他にも体のだるさ痛み、呼吸器の症状など様々ですが
実は一般的に知られているこのインフルエンザの特徴は主にA型のもの。

インフルエンザはA型とB型に分かれますが、
A型の中でも更にさまざまで
総じて症状が重くなりやすいと言われています。

 

一方のB型はあまり症状が重くない為、
熱が出ないことも多いのだそう。

またインフルエンザの予防接種を受けた人でも、
インフルエンザを発症してしまうことがあります。

その場合は症状が軽くなり、
あまり熱が出ないことがあるようです。

また風邪かも知れないと思い、市販の風邪薬を飲んだ場合でも、
症状が抑えられ、熱が出ないことがあると言われています。

 

熱がないときのインフルエンザの見分け方とは?

熱が出ないとインフルエンザかどうか見分けるのは難しいですが、
全身のだるさや筋肉痛などを感じたり、
脈が速い
などの症状があればインフルエンザである可能性があります。

頭痛

インフルエンザは早めの治療が肝心とされていますし、
検査を受けなければ分かることではありません。

また気付かずにどんどんと周りに
感染させてしまうこともあります。

ですからあれ?と思ったら
すぐに病院に行くようにすることが大切です。

 

 【まとめ】

・インフルエンザB型は熱が出ないことが多い、
また予防注射を受けた場合も熱が出辛い。
・熱が出なくとも全身の倦怠感や筋肉痛などの症状があれば
インフルエンザである可能性が高い。

Sponsored by Google

コメントを残す