車の霜取り 効果的な方法は?

Sponsored by Google

霜

先日、久しぶりに朝一番に車に乗りましたが、
この季節はダメですね・・・。

フロントガラスは一面霜でビッシリ!
ボディにもところどころ霜がついている状態でした。

すぐに出発しないと時間がなかったので、
そのまま危険ながら出発しました。

徐々に霜は解けていったものの、
やはりとても不便でした。

そこで、今回、車の霜取り 効果的な方法について
調べてみました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■車の霜取り 効果的な方法は?
■霜取り対策の問題点は?
■私はこうしています!対策紹介

 

 車の霜取り 効果的な方法は?

車の霜取りは、現在いくつかの方法がありますが、
どれも完璧なものではないのが実情です。

住んでいる地域によっても効果も違いますし、
自分に合った方法で対策するよりほかありません。

また、そうすることでより効果を発揮できるので、
まずはどういう方法があるかを知り、
その中で自分の車にはどれが効果的かを考えてみましょう。

 

 暖気&デフロスター

車のエアコン機能を使った方法で、エアコンで車内を暖め、
フロントガラスにデフロスターで風を当てて暖め、
霜を溶かしていく方法です。

 

 ぬるま湯をかける

フロントガラスにぬるま湯をかける方法です。

 

 フロントガラスに霜取りスプレーをかける

事前に霜取りスプレーをかけておくと、
霜をつくのを防いだり、霜が着いても量が減ったり、
取れやすくしたりすることができます。

 

 フロントガラスを覆う

フロントガラスにダンボールや毛布などをかけておき、
霜がガラスに直接降りるのを防ぐ方法です。

 

 霜取り対策の問題点は?

様々な効果的といわれる方法がありますが、
それぞれに対して問題点もあるのが現状です。

まだ効果的な方法でコレ!というものがないのも、
こうしたところが原因となっているようです。

それぞれどういう問題点があるのでしょうか?

 

 暖気&デフロスター

とにかく時間がかかります。
お住まいの地域によりますが、10分程度は必要です。

出発まで時間がかかりますし、
車種によっては早朝エンジンをかけたままの停車は、
音も気になったりするものです。

また、噴出し口付近は早く取れるのですが、
視界部分まで広がるのに時間がかかります。

 

 ぬるま湯をかける

フロントガラスアにぬるま湯をかけるのですが、
その温度が絶妙でないといけません。

熱すぎるとフロントガラスを傷つけて、
割れたりする恐れが出てきてしまいます。

冷たすぎると、せっかくかけたのにまた凍る、
といった逆効果にもなりかねません・・・。

 

 フロントガラスに霜取りスプレーをかける

すぐに溶けるというものも売られていますが、
実際すぐ溶けなかったり、対応しきれないものも。

また、ボディが錆びる原因になるなども言われています。

それに、費用がかかるという点も。
1000円もあれば買えますが、
毎日使っていたらすぐ無くなるのでバカになりません。

 

 フロントガラスを覆う

フロントガラスにダンボールや毛布などをかけておき、
霜がガラスに直接降りるのを防ぐ方法ですが、
毎日前の日にやっておかないといけないので、
手間がかかります。

また、ちゃんと飛ばないようにしておかないと、
せっかくの対策が風で吹き飛んでいた、なんてことも。

大体こうした効果的な方法がありますが、
どれも一長一短といったところです。

 

 私はこうしています!対策紹介

ここでは、一般的によく言われる霜取り対策で、
具体的にこういうものを使ってこうしています、
といった事例で、これはおすすめ!
と思ったものを紹介してみたいと思います。

 

最初に紹介するのは、
夏場に活躍する日よけマット

これをフロントガラスの
外側に使用するというもの。

今は100円ショップでも売られているアイテムなので、
夏場使っていたものを利用すればそれこそ一石二鳥です。

しかし、何度も使用していると
水分でくたびれてきます。

次の夏には新しく買い替えて下さい。
それでも、年間100円で使いまわせたら十分ですよね。

 

また、普段からフロントガラスに
こまめに撥水剤をしっかり塗りこんでおくと、
それだけでも霜がつきにくいようです。

また霜がついてもすこし触るだけで、
スルスルと取れやすくなっているんだそうです。

 

 【まとめ】

・車の霜取りで今のところ完璧な方法はない
・日よけマットは冬にも霜取りで活用できる
・フロントガラスに撥水剤をまめに塗ると霜が取れやすい

 

Sponsored by Google

コメントを残す