二日酔いの頭痛 即効性ある治し方とは?

Sponsored by Google

二日酔い

一日の仕事を終え、唯一の楽しみ、
自分へのご褒美は一杯引っ掛けて帰ること、
もしくは宅飲み…
という人も多いと思います。

お酒は気分をよくしてくれますし、
ストレス解消!という人も多いですね。

ですが、ちょっと調子に乗って飲み過ぎて
次の日の二日酔いがどうしても辛い…

という経験も多いのではないでしょうか。

二日酔いで特に辛いのは、
あの独特の頭痛に悩まされがち。

これ何とかならないの?という日頃の悩みに答えるべく、
よい方法について調べてみましたので
参考になれば幸いです。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■そもそもなぜ二日酔いで頭痛が起こるの?
■とにかく速攻で頭痛を止めたい!対処法は?

 

 そもそもなぜ二日酔いで頭痛が起こるの?

まずなぜ二日酔いイコール頭痛
なのでしょうか?

原因を知れば、対処法も
ぐっと絞り込めるはずですよね。

二日酔いの頭痛の原因は、
アルコールに含まれている
「アセトアルデヒド」という成分だそうです。

少し難しいお話しになりますが、
この「アセトアルデヒド」が
通常は体内に入ると、
それぞれ吸収されていく訳ですが、
一度に吸収できる量を越えてしまった場合
分解されず体内に残るようです。

そしてこの「アセトアルデヒド」は毒性があるため、
残っている成分が血液を巡り、
脳内の神経をかなり刺激してしまうようです。

この刺激が、二日酔いの辛い頭痛の元です。
人によってはガンガン、じわじわ、
それぞれの症状が出るようです。

 

 とにかく速攻で頭痛を止めたい!対処法は?

この頭痛のお陰で翌日の仕事がまったく捗らない!
ミスばっかり!何とかして!
ということもあるかと思います。

頭痛薬などもありますが、
できれば体内のアルコールを早く抜きたいですよね。

そんな時に一番の即効性があるのは、
【とにかく水を大量に飲む】ということです。

水

水分を多く取れば、アルコールを薄める役割もしてくれますし、
利尿によって早くなくすことができます。

飲んでしまった夜寝る前、
最低でも500ミリリットルを
ガブ飲みすると効くそうです!

 

他にも、スポーツドリンクも
失われた水分補給などもしれくれますので、
いいとされています。

コーヒーなどはカフェイン性が強いので、
余り飲み過ぎないようにしましょう。

よく汗をかけばいい、とサウナで一気に汗をかいて
水分を出そうとする人もいますが、
これは血管の収縮などもあり
危険なこともありますので、十分注意して下さい。

とにもかくにも
「水分を取ってアルコールを外に出す」
が鉄則です。

 

 【まとめ】

・二日酔いの頭痛の原因は「アセトアルデヒド」、
 血液に残ったこの成分は毒性があり、
 脳内の神経を刺激しまくるのが頭痛の原因。
・頭痛薬などよりも、大量の水分を取って
 早くアルコールを外に出すこと!
 ただし、コーヒー系はカフェインも強いので
 急速に摂取することは危険。
・飲んだ晩、寝る前に500ミリリットルほどの
 スポーツドリンクなどを飲むのが最適。

 

Sponsored by Google

コメントを残す