短時間で質の良い睡眠をするコツとは?

Sponsored by Google

睡眠

とにもかくにも忙しい現代の私たちの生活。
毎日仕事や家事、育児などに追われ、
自分の身体のメンテナンスを怠っている…
という人も多いのではないでしょうか。

最近では、「睡眠障害」なども増えていると聞きます。
一番多いのは「眠れない」というものです。
睡眠は、私たちの健康に欠かせない
大事なライフリズムです。

少しくらい削っても構わない…
という考え方はかなり危険です!

今回は、忙しい時間を過ごしていたとしても、
短い時間で身体に効く睡眠の取り方
少し調べてみたいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■ただ眠る時間を一定時間取ればいいの?
■もっとも効果的な睡眠を短時間で取る方法とは?

 

 ただ眠る時間を一定時間取ればいいの?

昔は、一日8時間睡眠時間を取れば理想的、
と言われていました。
最近では6時間ほどでしょうか。

ところが、8時間寝ていようが、
翌日疲れがどっと残っている人は多いものです。

ということは、眠った時間イコール健康に
繋がる訳ではないようです。

そう、大事なのは「睡眠の質」なんですよね。

 

最近では、【ショートスリーパー】
という言葉があります。

これは、その名の通り
”短時間で質のよい睡眠を取る”方法のこと。

過去の歴史の偉人たちの中で、
ナポレオンやレオナルド・ダ・ヴィンチなどが
そうだと言われています。

睡眠で大事なのは「時間ではなく質が鍵」となる訳ですが、
これには脳の沈静化と深い関係があるようです。

そこで大事なのが、「分眠法」です。
夜に寝る時間と、日中に脳を休めてあげる時間を
少しずつ取ることによって、
短時間で質のよい睡眠を取ることができるというものです。

 

 もっとも効果的な睡眠を短時間で取る方法とは?

では、その分眠とは
どのようにすればいいのでしょうか。

簡単な方法は、
”昼寝”というイメージが一番よいのかもしれません。

昔はそれこそ、昼寝を余りし過ぎると
夜眠れなくなる、などと言われていましたが、
もう少し具体的に言えば、
”小刻みな脳休息の時間を作る”という感じです。

最近、日本の会社でも、
お昼時間の少し後に、とにかく目をつぶって
頭を休めるという方法を取っている会社が多いと聞きます。

これにより、午後の仕事の効率がグンと上がるのだとか。
ですので、少し意識して日中に分眠をしておけば、
夜の睡眠もぐっと質が上がるのです。

 

他にも、毎日同じ時間に必ず寝る、
起きるよう習慣づけること、
半身浴などで体、脳共にリラックスさせた状態で
寝るようにする、軽いストレッチなどは、
いずれもよい睡眠に繋がっていきます。

毎日の慌ただしい生活を改善することは
中々難しいかもしれませんが、
短時間で質のよい睡眠を取れば
それだけ一日の過ごし方も変わってきます。
ぜひ、取り入れて快眠と健康を手に入れたいものです。

 

 【まとめ】

・睡眠時間は長ければいいというものではない。
 最近では短時間で質のよい睡眠が勧められている
・理想は、分眠で日中小刻みに脳を休める時間を5分でも取ることによって、
 夜の睡眠の質がぐっと上がる
・寝る時間、起床時間を一定にする、半身浴、ストレッチなどで
 体、脳をリラックス状態にしてから睡眠を取る

 

Sponsored by Google

コメントを残す