歯茎の腫れの原因は?【治療法は?】

Sponsored by Google

虫歯

毎日食べる食事が
もし美味しく食べれなくなってしまう
と考えたらどうでしょう?

勿論、大半の人が嫌だと答えると思います。
しかし、口内環境が悪かったが為に
この嫌な思いをしなければいけなくなってしまう
可能性は誰しもがゼロではありません。

中でも一番軽視しがちなのは
”歯茎の腫れ”ではありませんか?

歯が痛ければ病院に行きますが
痛みがなければ放っておく
というのに身に覚えはありませんか?

歯茎の腫れと言っても
大きな病気の前兆の可能性もあるので
軽視はできません。

そこで歯茎の腫れの原因と治療法
ご紹介したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■歯茎の腫れ、原因
■歯茎の腫れ、予防法

 

 歯茎の腫れ、原因

歯茎の腫れには様々な原因があります。
簡単に説明すると、

 歯磨きをしっかりとしていない。
 歯肉炎、歯周病。
 歯根の病気。
 歯並びや噛み合わせが悪い。
 免疫力低下。
 薬の副作用。
 腫瘍。
 感染症。

個々による原因で腫れる場合もありますが
重複した原因による腫れとも考えられます。

いづれにせよ素人では判断がつかない為
病院に行くべきでしょう。

 

さらには一番多い原因として挙げられるのが
”歯周病””歯根の病気”です。

これらが主な原因により
歯茎が腫れてしまうと言うわけです。

恐ろしいことに
歯を失う一番の原因は歯周病だと
言われています。

 

 歯茎の腫れ、予防法

歯茎の腫れの治療法は
ご存じでしょうか?

麻酔を打ち、歯肉の切開を行う
場合があるそうですが
それが絶叫するほど痛いとか…

そうならない為に
事前の予防が大事というわけです。

 

まず歯ブラシは
一か月に一回は交換しましょう。

これは歯ブラシも消耗品であり、
一か月経過するころには
多くのばい菌が繁殖しているからです。

さらには体調面にも気を使い
免疫力の低下に気を付けることと
うがいは必ずして歯周病だけではなく
風邪にも気を付けましょうね。

美味しい食事をとる為には口内環境を
整えていただくのが一番だと思います。

 

 【まとめ】

・歯茎の腫れは大きな病気の前兆の可能性がある。
・歯茎の腫れの原因は歯周病がほとんど。
・予防法は毎日家で簡単に実践できる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す