VDT症候群の予防法は?【原因、治療法】

Sponsored by Google

VDT

私たちは、コンピュータやタブレット、スマートフォンなど
表示機器のディスプレイを長時間見つめることが多くなりました。

長時間の作業にもなると
誰しもが目や体の疲労感を感じると思いますが、
こういった疲労をそのままにしておくと
どんどん蓄積されて、ある日ひどい症状として現れます。

こうしたことによる健康被害を
「VDT症候群」といい、患者数が増えていることで
注目されています。

今回はこの「VDT症候群」について
原因や予防・治療法をお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■VDT症候群の原因は?
■VDT症候群の予防法と治療法は?

 

 VDT症候群の原因は?

VDT症候群は、

V=Visual
D=Display
T=Terminal

でVDTと略されており、コンピュータのディスプレイなど
表示機器を使用した作業を長時間続けることで
健康被害をもたらす病気のことです。

目や体に起こる症状だけでなく、
心にも支障をきたしてしまうことから
現代人に特に注意して欲しい病気です。

コンピュータやスマートフォン・タブレットなどを
操作する機会が増えたことで
VDT症候群に悩まされる患者が急増しています。

 

具体的な症状には、以下の通りです。

 目の症状
目の疲労感、ドライアイ、充血、視力低下

 体の症状
頭痛、首や肩や腰のこりと痛み、筋肉痛

 心の症状
食欲減退、不安感、イライラ、抑うつ症状

特に目の症状を訴える人が多く、
ひどい場合には額の圧迫感とめまい、
そして吐き気を起こすこともあります。

 

 VDT症候群の予防法と治療法は?

まず、VDT症候群は予防することができます。

 コンピュータなどのディスプレイの高さは、目の高さより低くする。
 1時間に15分程度の休憩を挟みながら作業を行う
 休憩の際は、軽く体をほぐしてあげて縮まった筋肉を伸ばす
 たまにディスプレイから目を逸らして、遠くの景色を見る
 ブルーライトを抑える眼鏡をかける
 反射光を抑えるフィルターを貼り付けることも有効

 

特に気をつけたいのが、休憩です。

1時間以上連続した作業を行うと、
タイピングミスや誤った操作が目立つようになります。

作業効率も悪いので、休憩を取るようにしましょう。
1時間に15分程度の休憩をとることで、作業効率もあがります。
作業時間が短くなれば予防にも繋がるため、
忙しい時こそ休憩が必要なのです。

 

こうした予防法を普段から行うことで、
VDT症候群は予防できます。

しかし、どうしてもひどい症状が出る場合には、
早めに医療機関を受診して下さい。

目の症状が気になる場合は、眼科で点眼薬による治療。
体の症状が気になる場合は、整形外科で温熱療法やマッサージ。
接骨院でもマッサージや鍼灸、
カイロプラクティックによる治療を行っています。

心の症状が気になる場合は精神科でカウンセリングをうけて
必要な場合は抗うつ薬などが処方されます。

症状が様々なところに現れるため、
それぞれの専門科を受診することをおすすめします。

 

 【まとめ】

・VDT症候群は、コンピュータのディスプレイなどを
 見続ける作業を行った時に健康被害をもたらす病気。
・目や体、心に健康被害が起こる。
 ひどい場合は額の圧迫感やめまい、吐き気を起こすこともある。
・だいたいは作業の合間に休憩をとって軽く体を動かしたり
 ブルーライトをおさえる眼鏡をかけるなどすれば予防できる。
 休憩をとれば作業効率もよくなり、トータルの作業時間が減るので
 予防にもつながる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す