しゃっくりをとめる効果的な方法とは?

Sponsored by Google

しゃっくり

みなさんが”しゃっくり”のメカニズムを詳しく
ご存じでしょうか?

喋っている最中に急に
発症するといったことが多々あり
筆者は子供の頃に
盗み食いしたのか
などを言われていました。

では実際に
しゃっくりがなぜ起こるのかというメカニズムと
止める効果的な方法
をご紹介したいと思います。

 

Sponsored by Google




【TOPICS】

■しゃっくりのメカニズム
■しゃっくりを止める方法

 

 しゃっくりのメカニズム

しゃっくりとは横隔膜の痙攣によって起こる
吃逆(きつぎゃく)と言われている症状である
と言われていますが
はっきりとした根拠は解明されていません。

副交感神経や呼吸のリズムにより
中枢神経になんらかの刺激が加わったが為に
周期的な痙攣が発生すると言われています。

あくまで医学的には解明されていない
いうことですね。

なんにせよしゃっくり自体は
まったくもって迷惑な
症状と言えるでしょう。

 

 しゃっくりを止める方法

しゃっくりを止める方法として
世の中には様々な憶測や対処法が存在しますが
実際に試してみて、効果がなかったという方が
多いのではないでしょうか?

筆者もしゃっくりを止める為、
息を止めたり
素早く呼吸したり
水を飲み横隔膜へあえて負荷をかけたり

と試しましたが
全て効果はありませんでした。

そんな中で医学的根拠のありそうな方法を
試そうと思い、ある方法を実践してみたところ
見事にしゃっくりが治まりました。

ここで筆者が最も効果があると思われる
医学的療法をお勧めします。

 

それは
「人差し指を両耳に入れて
30秒から1分待っていれば止まる」

という方法です。

正直、そんなので止まるの?
と思うかもしれませんが
実際に効果はあります。

なぜなら喉の奥にスイッチがあり、
刺激すればしゃっくりが出て
逆に上手く刺激すれば止まる

という見解があるからです。

そのスイッチを刺激できるのが
耳の穴ということだそうです。

 

そもそもこの方法がなぜ
注目されているのかというと
ある番組内にて専門医が
「耳栓が最も効果的な方法」
と言い、話題を集めたからです。

 

簡易的なしゃっくりの止め方についてご紹介しましたが
長く止まらない場合はなんらかの病気が関係している場合があるため
病院に行くことをお勧めします。

 

 【まとめ】

・しゃっくりの原因は未だ解明されていない。
・しゃっくりの止め方は両耳を塞ぐのが効果的。
・しゃっくりが長く続くようであれば
他の病気が考えられる。

 

Sponsored by Google

コメントを残す