妊娠中の腰痛 対処法とは?

Sponsored by Google

女性にとって神秘の一つといえるのは、
この世に命を生み出すことではないでしょうか?

妊娠

決して男性には体験することのできない、
特別な贈り物を女性は神様からもらっている気がします。

ただ、その分妊婦さんは、
特に出産が近付くにつれ
身体にかなりのリスクを背負います。

それはそうですよね、
自分のお腹の中に、1人の人間を抱えて
栄養を送り続けてあげる訳ですから…

その中でも特に、
【腰痛】に悩まされる妊婦さんが非常に多いそうです。
原因と、何かよい対処法はないか探ってみました。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■妊婦さんの抱える腰痛の本当の原因って何?
■何かよい対処法などはある?

 

 妊婦さんの抱える腰痛の本当の原因って何?

妊婦さんの抱える腰痛の本当の原因は
主に2点考えられるそうです。

 ホルモンのバランスが崩れる
 体の重心が変わる

女性の体は特に、ホルモンによって
体調などの変化が激しく起こります。

それで実際妊娠し、お腹の中に
赤ちゃんが育つようになると、
特に骨盤の間を通過しやすくするためのホルモン
活発になるそうです。

そのため、骨盤や特に腰回りの筋肉に
リスクがかかり、血流も悪くなることによる
腰痛が起こる
とされています。

母体にとっては大変なことですが、
これも赤ちゃんを生みやすくするためのホルモン変化。
ある意味で本当に不思議な現象ですよね。

 

そして、物理的なところからすれば、
実際何千グラムもの重さが
お腹の中にかかるわけですから、
お腹が前に出てきます。

そのため、バランスを取ろうと腰を上げる状態になり、
それがそのまま筋肉の負担へと
繋がっての腰痛も多いようです。

 

 何かよい対処法などはある?

では、少しでも腰痛を
軽減する方法はあるのでしょうか?

 とにかく腰の筋肉をほぐしてあげることが大事、
  重い物を長時間持ったりしない
 妊婦さん用腰痛ベルトを利用する
 軽い運動で腰回りの筋肉をストレッチ

などがお勧めだそうです。

他にも、実際腰痛を体験した妊婦さんの中には、
「暖め過ぎも良くないので長風呂をしない、
 痛む部位を上にして寝る、硬めの布団で寝る」

といった方法が効果的だったとも述べています。

こうして見ると、つくづく
1人の命を生み出すというのは大変なことだと思います。

 

 【まとめ】

・妊娠中の腰痛の原因は、
 「ホルモンの乱れ」「重心変化による体勢の負荷」
・通常の腰痛予防のためにできることと似ているが、
 赤ちゃんのことを考えて腰回りをいつもゆったりさせること。
・重い物を持ち続けない。

 

Sponsored by Google

コメントを残す