胃腸風邪はうつるのか?【潜伏期間、対処法は?】

Sponsored by Google

この季節に流行る風邪の一つに胃腸風邪があります。

腹痛

胃腸風邪は嘔吐・下痢・腹痛・発熱などの症状がみられ
完治までには長くて1週間ほどかかります。

この胃腸風邪には様々な種類があり
代表的なノロウイルスやロタウイルスの他にも
百種類以上のウイルスの型があるようですが、
どんなウイルスでも胃腸風邪はうつるのでしょうか?

先回の記事で
胃腸風邪の治し方について
記載させてもらいましたが
今回は「胃腸風邪」について
潜伏期間や対処法などをお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■胃腸風邪はうつるのか?潜伏期間は?
■胃腸風邪の対処法は?

 

 胃腸風邪はうつるのか?潜伏期間は?

胃腸風邪は感染力が高いウイルスです。
特に、家族内感染が多いようです。

胃腸風邪は、嘔吐物の中に細菌やウイルスが
いちばん存在すると言われています。

嘔吐物を片付けるときに
空気中に舞い散った細菌や
ウイルスを吸い込んだことによって
感染が広まっていくのです。

あとは、胃腸風邪にかかっている人と同じタオルを使用したり
一度触れたものに触ってしまうと
感染してしまうので注意してください。

 

ウイルスの種類にもよりますが、
潜伏期間は1日~3日で発症することが多いです。

ウイルスは気温が低くて乾燥しているときに活発になるので
流行は、だいたい11月~4月頃までですが、
胃腸風邪は年中かかる可能性があります。

 

 胃腸風邪の対処法は?

胃腸風邪は何度でも感染します。
一度かかったことがあるからといって
二度とかからないわけではないので、
常に感染には注意しましょう。

 

 自分が胃腸風邪になった場合

 吐き気のあるときは少し落ち着いたタイミングでお茶や白湯、
   イオン飲料を少しずつ摂る。(乳幼児の場合は乳幼児用のものを!)
 胃腸風邪のときの水分補給は、無理のない量を何度かに分けて口にしないと
   吐いてしまうので注意する。
 何を食べても吐き戻してしまうので、半日くらいは食事を控える
   吐き気があるうちは、水分補給だけで十分。
 水分を摂っても吐かないくらいにおさまってきたら胃腸にやさしい
   お粥やうどんなどから少しずつ食べるようにする。
 食欲が出てきても、油や脂肪分の多いものや乳製品、卵製品は控える。
   (バター、チーズ、ラーメン、シチュー、牛乳、ヨーグルト、プリンなど)

 

 胃腸風邪の人を看病する場合

 嘔吐物を片付けるときやトイレ掃除のときは必ずゴム手袋とマスクを装着する。
 嘔吐物のついたものはなるべく早く破棄する。
 嘔吐物を捨てたゴミ袋はしっかり結んでおく。
 胃腸風邪の人と接したあとは、すぐに手洗いをする。
 胃腸風邪の人とは別々のタオルを使用する。
 ウイルスを死滅させるためにも、煮沸消毒を心がける。

 

 【まとめ】

・胃腸風邪は感染力が高く、特に嘔吐物にいちばん細菌やウイルスが含まれている。
・感染した場合は、水分補給をして脱水症状に気をつける。
・吐き気のあるときは、食事を控えて水分補給のみにしておく。
・胃腸風邪の人を看病する場合は、ゴム手袋とマスクを装着して
 接したあとは必ず手洗いをして、感染者と同じものを
 使用しないように気をつける。

 

Sponsored by Google

コメントを残す