子供のアレルギー性紫斑病の症状とは?【原因、治療法は?】

Sponsored by Google

ただの腹痛だと思っていたら、
なかなか治らずに紫斑が出てきた…
これが、アレルギー性紫斑病です。

アレルギー

1週間ほどで症状がおさまることもあれば、
1ヶ月、3ヶ月と症状が続く人もいる
とても個人差の大きい病気なので、
できればこの病気を詳しく
理解している先生がいる病院を受診したいところです。

今回は、あまり知られていない
「アレルギー性紫斑病」の
症状や原因・治療法
をお話したいと思います。

 

Sponsored by Google


【TOPICS】

■アレルギー性紫斑病の症状・原因とは?
■アレルギー性紫斑病の治療法は?

 

 アレルギー性紫斑病の症状・原因とは?

アレルギー性紫斑病の場合は、
以下の症状があらわれます。

 発疹(紫斑)
 腹痛
 嘔吐
 手足のむくみ
 関節痛
 血便、血尿

 

発疹(紫斑)は、
下半身に集中してあらわれます。

紫斑病性腎炎を合併する場合もあり、
定期的な尿検査が必要になります。

 

アレルギー性紫斑病の患者は、
3~10歳が最も多く、
男児がやや多い
と報告されています。

しかし、このアレルギー性紫斑病は
何歳でも発症する可能性があります。

また、アレルギー性紫斑病は
詳細な原因が分かっていません。

可能性として、溶連菌やブドウ球菌、ウイルスなどの
感染による免疫異常疾患
と捉えられており、
それらの感染後に続発することが多いとされています。

 

 アレルギー性紫斑病の治療法は?

アレルギー性紫斑病の治療法ですが、
以下のような治療しかなく、
明確な治療法がありません。

 安静にしている
 腹痛が強い場合は入院して点滴や 
   ステロイド注射を打つこともある
 諸症状への対処療法

 

これといった特効薬もないので、
病院でも手に負えないと言われることもあるようです。

一番大切なのは
安静にしていることだとされていて、
関節の曲げ伸ばしによる刺激を
与えないようにすれば
紫斑が増えることはなく、出血することもないので
低年齢の患者の場合は入院するケースが多いです。

その場合は、
親が24時間付き添いをすることになるので
お母さんの体力が心配されます。

多くの場合は、1ヶ月程度で症状がおさまり、
その後は普通に生活できるのですが、
まれに腎臓を悪くしてしまうことがあります。
その場合は透析治療を開始します。

 

 【まとめ】

・アレルギー性紫斑病は3~10歳に多くみられるが、
 何歳でも発症する可能性がある。
・溶連菌やブドウ球菌など、ウイルス感染が
 関係していると言われている。
・一番の治療は安静と言われており、
 入院が必要になることもある。
・多くは1ヶ月程度で完治できるが、
 その後腎臓を悪くしてしまうこともある。

 

Sponsored by Google

コメントを残す